この研究論文が一段落すると、美智子さまに心の余裕が生まれるという。

「上皇后さまが過ごす時間の多くは、ご高齢の上皇さまに不自由がないようにお支えすることに費やされ、“それが自分の役目”だと常々お考えです。それだけに、上皇さまが注力する研究が落ち着けば、上皇后さまの肩の荷も下りることでしょう」(同・前)

仙洞仮御所の庭を散歩され、今までの思い出を語られているという上皇さまと美智子さま(2020年11月24日)
すべての写真を見る

 そういった事情から前出の宮内庁関係者は「今後、眞子さまのご結婚問題に関わってくる可能性がある」と話す。

「'17年5月に眞子さまとの婚約内定報道があった翌日、勤務先で急きょ囲み会見を行った小室さんは、その日の朝の眞子さまとの電話内容を笑顔で明かしたのです。しかし“皇族との会話を簡単に報道陣に話すのは好ましくない”と、美智子さまは心配を募らせていたといいます」

今まで「意見」されることのなかった美智子さまだが……

 美智子さまの不安は的中し、'17年末に『週刊女性』が小室家の金銭トラブルをスクープ。直後から秋篠宮ご夫妻や眞子さまと何度も対面されている。

「婚約延期が発表されるまでの約1か月間で、美智子さまは、秋篠宮ご夫妻と眞子さまと合わせて、極秘に5回以上お会いされています。

 紀子さまと眞子さまだけで皇居に参内されたこともありましたが、これは異例のこと。

 美智子さまは状況を重く見ていたようですが、意見をされることはなかったそうです」(秋篠宮家関係者)

 婚約延期から約3年が経過したにもかかわらず、小室さんが誠意ある対応をとらない状況に、秋篠宮家にアドバイスをしてこなかった美智子さまは忸怩たるお気持ちを抱かれているようで……。

「小室さん問題は『平成』時代に上皇さまと築かれてきた皇室の尊厳を崩しかねません。

 今夏に弁護士試験を終えた小室さんが帰国するのであれば、その前に国民からの理解を得るための行動をとるべきですし、美智子さまは“ケジメをつけてほしい”と、お感じになっているそうです。

 結婚問題の節目となる今年、近いうちに秋篠宮さまや眞子さまを通じて、小室さんに今後の行動を“指南”される可能性は十分あると思います」(同・前)

 愛する初孫のため、美智子さまからの“最終勧告”が飛び出す日が近づいている。