「あんな凶暴な人やから、戻ってきたら仕返しが怖いんで話せません」

 そう隣近所の人が震え上がって口を閉ざしたのは、危険運転をして逮捕された不気味な男のこと。

 1月27日の夜、大阪府堺市南区の泉北1号線を走っていた軽自動車の40代夫婦が、約5分間、1・5キロにわたり、軽自動車に乗っていた無職・谷慎二容疑者(45)からあおり運転を受けた。

ニタニタと不気味な容疑者に
被害者は錯乱状態

 ユーチューブでその恐怖の一部始終が公開されている。

 後方から急接近して、執拗にあおり運転をしていたのは容疑者の赤い車だった。

「何、これ! 何、これ! 怖い!」

 と叫びつつ、スマホで録画する妻。次第にパニック状態に陥っていく。

 容疑者の車は右側に並び、併走しながら幅寄せを。最後は前に強引に割り込んで、被害者夫婦を急停車させた。

 車を降りた容疑者は被害者の車に近づき窓を叩く。ヘッドライトに照らされたその表情には、ニタニタと不気味な笑みが浮かんでいた。

「最近は、ドライブレコーダーの設置が増えたので、交通トラブルの動画を目にすることは多くなりましたが、脅したり怒ったりするのではなく、ニヤついているというのは異質でした」(テレビ局記者)

 夫婦は車のドアをロックしていたので直接、危害を加えられることはなかったが、急停車で腰を捻挫していた妻は、もう完全に錯乱状態。

 夫が110番通報をしていたが通信指令室から、

「奥さんの声が大きいので、静かにしてもらえますか」

 と、なだめられる始末。さらに、スマホで録画されているのを承知で、不敵な笑いを浮かべながら、容疑者は丸刈り頭を堂々とさらし、自分の車のナンバーを撮れというように、指し示す仕草を……。

堺市の事件現場付近。見通しもよくスピードを上げる車が多い

 こうした行為で結局、谷容疑者は道路交通法違反(妨害運転)と自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、2月8日に逃亡していた島根県で逮捕。容疑については、

「弁護士が来てから」

 と認否を保留している。

 そんな危険すぎる容疑者とは、どんな人物なのだろうか──。