「警察に相談したら親に知られて怒られる……」

 1月下旬、ユーチューバーの『コレコレ』さん(31)の生配信で、とある女子高校生が苦しい胸の内を話した。

生配信で女子高生の被害が明るみに

 コレコレさんとは、チャンネル登録者数133万人の人気ユーチューバー。

 彼が注目されたのは、冒頭の女子高生からの相談だった。

 彼女は人気ユーチューバーのワタナベマホトからわいせつな自撮り写真を強要され、送ってしまった。もし、写真が流出したら──。恐怖におびえていた彼女は、コレコレさんに被害を相談。生配信でその事実が明るみになった。

 コレコレさんはまず、女子高生にワタナベの行為が犯罪であることを説いた。そして彼に電話をかけて直接、写真の消去を求めることを提案。結局、ワタナベは配信中に電話に応じなかったが、彼女は視聴者やコレコレさんの言葉に心を動かされた。

 当初は警察に行くことを拒んでいた彼女も、最終的にはまず親に被害を明かすことを決心した。

 ワタナベは元・欅坂46の人気メンバー、今泉佑唯との結婚を発表した直後だったが、この騒動で所属事務所との契約を解除された──。

(左から)ワタナベマホトと今泉佑唯

 このように視聴者から寄せられた相談を解決に導くのが彼の番組の人気コンテンツのひとつ。コレコレさんのもとには日々さまざまな相談が寄せられているという。

「相談者のほとんどは10代、20代の若者で、8割が女性です。僕はどんな人でも“相談が来たらまずは乗るよ”というスタンスです」(コレコレさん、以下同)

 雨上がり決死隊の宮迫博之や元・乃木坂46の白石麻衣などと同じくらいのチャンネル登録者数を持つコレコレさん。それほどの人気がありながら、視聴者参加型の番組作りをしているユーチューバーはほとんどいない。視聴者と直接会話し、送られてきたコメントを読み上げる。その距離の近さも人気の秘訣だ。

 親にも友達にも言えない、そんな悩みを抱えた若者たちが助けを求める。コレコレさんはまさに“駆け込み寺”的な存在なのだ。

「昔からテレビでお悩み相談コーナーってあるじゃないですか、それの延長線上のような感覚。生配信での『お悩み相談』は10年くらい前から始めました」