卓球の福原愛にまさかの不倫報道が舞い込んできた。

 2016年に台湾出身のイケメン卓球選手・江宏傑と結婚。2人の子宝に恵まれたが、2021年に入ってからというものの「新事務所設立」や「家族と離れて日本移住計画」を明かすなど、周囲がザワついていた矢先のことだった。

 不倫疑惑の渦中にあるお相手は、旧知の“イケメンエリートサラリーマン”だという。同じホテルで一晩をすごし、翌日は愛ちゃんの自宅にお泊まり。

 報じた『NEWSポストセブン』には、横浜・中華街デートの様子が55枚におよぶ写真の数々とともに掲載されている。シュウマイを売る露店の行列に堂々と並んで食べ歩きをしたり、ソフトクリームを「あーん」してあげたり。コースも山下公園を散歩した翌日には赤レンガ倉庫でパンケーキを頬張るなど、横浜レジャーの王道をゆくものだった。これをデートと呼ばずになんという。お相手もなかなか度胸のある男とみた。

 その翌日、同誌の記者に直撃されて「(ホテルは)2部屋とりました。(自宅には)部屋がいくつかあるので」と不倫を否定していたが、このとき、血の気がサァーッ! と引いていったのは間違いないだろう。

プライベートなき思春期に「なんで私だけ」

 世間からも驚きの声は上がっているがそれもそのはず、いまも多くの人々の記憶に刻まれているのは “泣き虫愛ちゃん”のイメージなのだから。天才卓球少女の成長をブラウン管ごしに見守ってきた我々の思考が追いつくわけない。

泣き虫愛ちゃん

 小さいころから“泣き虫愛ちゃん”としてメディアでひっぱりだこ、アイドルにも似た扱いをされていたことについて、愛ちゃんはのちにこう振り返っている。

《幼い頃の私は、ただ卓球が楽しいだけで、周りに騒がれることに疑問を抱かずに、突き進んでいた感じです。でも思春期の頃、プライベートが全くなく、色んな人に見られる暮らしが本当に嫌になったんです。なんで私だけって、嫌な感情ばかり湧いてきました》(『anan』2013年3月13日号』)

 そんなストイックな日常の背景には教育熱心だった両親の存在がある。愛ちゃんが14歳だったころ、父母そろって雑誌のインタビューに登場し、反抗期の娘についてこのように話している。話者は父。

《彼女なりの反発があったとしても、その反発はこういう理由でおかしいんだよ、おまえの間違いだよと説明してあげる。最初は向かってくるけども、説明を重ねて、最後には納得する。その連続です》(『卓球王国』2003年9月)

 かなりおっかないが、母も「父には誰も逆らえない」と続けている。目標は、《全日本の中心的な選手として、また下の選手の見本になる》大人に育てること。

 それから数年。20歳になって愛ちゃんが世間を驚かせたのが、テニス・錦織圭との「原宿路上キスデート」(『FRIDAY』2008 年)である。ちょうど親元を離れ早稲田大学に進学、中国人コーチが出産をするタイミングで一人暮らしをはじめたころ。彼女からメールアドレスを聞いて猛アピールを繰り返したという。

 このころから、我々の知らない愛ちゃんが現れだしたような気がする。バラエティー番組でたびたび泣かされていたあのころのように、テレビに出演することもなくなっていた時代だ。

 別の雑誌報道によれば、この錦織とのデートの日、ふたりはスポーツショップや有名チェーンの喫茶店を巡ったあと、とあるアロマショップに立ち寄り、イランイランのオイルを購入していたのだという。……イランイラン(効能については各自検索のほど)かい。逆に20歳にしては目覚めすぎじゃないだろうか。いつの間に立派な大人になってしまったんだい。