「今回演じるのは、メイクもファッションも大好きなジェンダーレス男子。僕もプライベートではその日のテンションに合わせてメイクしたり洋服を選ぶのが好きなので、すごく自分に近い人間ですね。

 ただ、僕の場合困るのは、選んだファッションがフェミニンな装いのときは女性と間違えられることがあって。特に問題なのがトイレ。自分はいいんですけど、周りの人が女性が入ってきたかと思って“えっ!?”みたいな雰囲気になるのが申し訳ないんです(笑)。なので、外出先ではカフェの男女兼用のトイレとかを利用するようにしています」

板垣李光人 撮影/山田智絵

2歳でモデルデビュー

 昨年末公開された映画『約束のネバーランド』ではメインキャストの1人を演じ、その美少年ぶりが話題に。『花燃ゆ』に続き2度目となる大河ドラマ『青天を衝け』では、慶喜(草なぎ剛)の異母弟となる徳川昭武役に抜擢。

 4月からは仕事熱心な等身大の女性と、ファッションやメイクを自由に楽しむ男性の恋模様を描く『カラフラブル』で吉川愛とW主演を務めるなど、幅広い作品に引っ張りだこの注目俳優・板垣李光人。まだ19歳だがそのキャリアは長く、2歳からモデルをしていたそう。

「最初は親に連れて行かれてモデルをやっていたと思うんですが、嫌だったらやめさせる両親なので最初から楽しかったんだと思います。だから、昔から人に見られるというのが自然なことというか、カメラの前に立っても緊張しないし、普通のことという感覚なんです。生活の一部って感じがします」