犯行を捉えていた監視カメラ (筆者撮影)
【写真】事件直後、被害者に投げつけられた小石が散らばる現場

 衝撃だったのは、廷内のモニターに映し出された、河川敷現場の監視カメラの映像だった。暗闇の中、堤防下の狭い道を、自転車を押しながら逃げるアイさんの影と、その後を追う渡邉さん。アイさんの前に突然、まぶしい光と人影が立ちはだかり、すぐに渡邉さんの背後にも光が近づき、2人は前後を挟み撃ちにされた。

「怖かった、怖かった、殺されると思った」と、アイさんから何度も聴いていたが、その恐怖を初めて実感した。わずか2分の映像、アイさんの動く速度に比べて、後ろをついてくる渡邉さんは遅い。81歳の高齢の身で懸命に走っていたのだろう。涙で目がかすんだ。その映像が唯一、初めて私が見た渡邉さんで、生きて動いている最期の姿だった。

 冒頭陳述で、A、B弁護人とも「傷害致死罪の共謀成立」は争わないとしたが、「被害者をからかい、その反応を楽しむ目的だった。石を身体に当てたり、けがをさせたりするつもりはなかった」と主張した。

「殺されると思って必死に逃げました」

 争点は、(1)石を投げようと思った時期、(2)元少年Bの投石内容、(3)犯行後の口止めの有無、など。が、検察との攻防より、AとBの言い分が対立し、仲間われの泥仕合を見るような場面もあった。

事件直後、渡邉さんとアイさんに投げつけられた小石があちこちに散らばっていた(筆者撮影)

 第2回公判では、アイさん自身が、検察側証人として出廷。「きちんとした格好でいかなくちゃ」と、グレーのスカートスーツ姿で臨んだ。傍聴席や被告人らからは、姿が見えないよう、衝立が置かれた。

 まず、ホームレス生活をするようになったきっかけについて問われ、「アパート生活をしていた45歳くらいのとき、ストーカーにあい、私が飼っていた犬と一緒にアパートを出て、河川敷で生活するようになりました」とアイさん。

 渡邉さんとは、お互い猫のえさやりのボランティアをしていて、知り合ったという。

「20年前、48歳ころです。それから、渡邉さんとはずっと友達関係で、お互いを助け合いながら、命を守りながら、生活してきました」

 昨年3月に入って襲撃が続いていたことについて、「もう毎日のように、どんどんエスカレートして怖かった。殺される!っていう不安が毎日あって、生きた心地がしませんでした。夜、テントに入って身体は横にしていても、目は開いてました。また来る!という恐怖で、眠れませんでした」と、語った。

 事件の夜、テントの横にある板にコツンと音がして「来たぞ!」と渡邉さんが叫んだ。アイさんは警察に110番通報するために、急いで公衆電話へと向かった。

「堤防の上から男が小走りで降りてきて、目の前に立ち、ライトを当て、自転車の車輪を、足で何度も蹴ってきた。怖くて『渡邉さん!』と叫んだら、渡邉さんが後ろから走ってきて、鉄の棒を振り上げる動作をして、威嚇し、男を追い払った」という。

 男は二度、立ちふさがり『今日は逃がさんぞ、ババアに用がある』などと言い、アイさんは「とにかく怖くて怖くて、殺されると思って、必死で逃げました」と話した。

 堤防を下り、しばらく走ると背後から「シッコたれとるぞ!」と声が聞こえ、振りむくと渡邉さんが仰向けに倒れていた。近くにいた男二人は、顔を見合わせて逃げて行った。アイさんの話は1年前の取材時と、全く変わっていない、一貫していた。

「渡邉さんは本当に心の優しい人で、石を投げ返したことも、鉄の棒を持っていたのも、命を守るためで、自分からは絶対に暴力をふるったりする人ではありません」

 A、Bは衝立の後ろで、じっとアイさんの言葉を聴いていた。「最後に被告人たちに言いたいことは」と問われて、アイさんは叫ぶように言った。

「私たちをなぜ、狙ったのか! そして、何の落ち度もない渡邉さんを、なぜ殺したのか! 私は、それを聴きたいです!」