その屋敷の塀沿いには、近所の住民らを名指しでののしる立て札が並んでいる。悪口を書き続ける家主の80代男性に理由を聞いた。

《××のバカ早く死ね》(※××は伏せ字、その他は原文ママ、以下同)

《生き恥さらしのくそ××》

《××のばか死ね死ね死ね ばかは死ななきゃ治らない》

《くそ××うんこでも煮て食っていろ》

《××の連中はみんな間抜けだ そろって死ね》

 そう書いて紅白のポールに掲げたり、ブロック塀にクギで打ちつけた木札には、個人を名指しした罵詈雑言が並ぶ。

「バカ」「死ね」「くそ」の文言が際立って多い。

 東京都立川市の住宅街の一角。屋敷周囲の木札は183枚あった。近隣住民によると、約5年前からこうした異様な光景が続いているという。

近くのブロック塀には悪口を書いた木札が打ち付けられていた(※一部加工)

毎日のように届く嫌がらせのはがき

「悪く言われる心当たりはひとつもありません。彼(家主)とのあいだにトラブルもない。私に限らず、みんな何の関係もないのに一方的にバカだ、なんだと悪者扱いされている。すべて彼の被害妄想なんです」

 と、名指しで悪口を書かれた地元の男性はあきれた様子で話す。

 異様な光景は立て札だけではない。屋敷に隣接する市立施設の入り口には大きめの石がゴロゴロ。数えてみると全部で13個あり、直径1メートル以上の巨大な石もあった。

 近隣住民によると、かつては石灯籠が置かれたこともあるといい、その都度、通行の妨げになってきた。市がこれら障害物をどかすよう家主に書面で求めても応じず、強制撤去されてはまた置くいたちごっこが続いている。

「車でそばを通ると岩やポールにぶつけそうで神経を使うし、夜道にヘッドライトで浮かぶ木札は特に怖い。あんなに堂々と人さまの悪口を書いておいて、今まで許されてきたのはおかしくありませんか」

 と近所の女性。

 屋敷の周囲のほか、飛び道具も。前出の男性のもとにはここ2年、毎日のように嫌がらせのはがきが届く。文面は一面びっしり「死ね死ね死ね」。差出人の名前はなく、宛名を書いた表面にまで悪口がはみ出していた。

「消印が押されていますが、宛名面にまでこんなに文字を書いていいんですかね。はがきも木札もそりゃ迷惑ですよ」(同男性)

立て札で名指しされた男性宅に届いたはがき。表裏に「死ね」などと悪口がびっしり書いてある(※一部加工)
立て札で名指しされた男性宅に届いたはがき。左が昨年の分、右は今年の分(※一部加工)