テレビ番組で乃木坂46のメンバーが美容のために食べている、と話題になった乳酸発酵キャベツ、つまりザワークラウト。その健康効果、美容効果とともに、基本の作り方&超簡単アレンジをご紹介!

キャベツと乳酸菌、Wのパワーを発揮!

 長引くコロナの影響で、自宅での健康管理に気を遣う人が増えている。そんななかドイツでは最近、伝統的な家庭料理「ザワークラウト」の健康効果が見直されている。ザワークラウトは「酸っぱいキャベツ」という意味のキャベツの乳酸発酵食品。簡単にいえばキャベツの漬物だが、数え切れないほどの健康効果が期待される“ドイツのスーパーフード”だ。

 今回、作り方を教えてくれたのは『乳酸発酵キャベツ 健康生活』(日本文芸社刊)で料理監修を務めた管理栄養士の柴田真希さん。柴田さんによると、まずキャベツそのものに栄養がたっぷり含まれている。

 胃腸薬にも配合され、胃腸の粘膜の修復を促す成分のキャベジン(ビタミンU)のほか、便通をよくする食物繊維、美肌効果のあるビタミンCも多く含まれる。さらにビタミンB群も豊富だ。B6で疲労回復、B1・B2・B6には精神安定作用や鎮静作用があり、ストレスによる不調を和らげる効果も!

教えてくれた 柴田真希さん

「さらにキャベツを発酵させることで生まれる植物性乳酸菌にも健康効果がたくさんあります」

 動物性乳酸菌の多くが腸に届かず胃の中で死滅することが多いのに対して、植物性乳酸菌は生きたまま腸に届く可能性が高い。このため腸内環境を調整し、善玉菌の働きを活性化させて免疫力をアップさせる効果が大いに期待できるという。

「乳酸発酵キャベツは自然な酸味と甘みでクセがない。毎日食べても飽きず、どんな食材とも合うのでアレンジもしやすいです」

 乳酸発酵キャベツは健康管理とともに長引くコロナ禍の食卓を彩る、もう一品のおかず作りにも活躍しそうだ。