お笑いコンビ「流れ星」が『流れ星☆』と改名したことを発表。コンビの不仲や、ツッコミ担当であるTAKIUEの離婚騒動などの“負のイメージ”を一新し、運気アップを図ることが改名の理由のようだ

 “運”に大きく左右される芸能界では、改名は珍しいことではない。お笑いコンビでは『さまぁ~ず』(元:バカルディ)『くりぃむしちゅー』(元:海砂利水魚)が有名だが、もともと人気者であった彼らの、ちょっぴりふざけた改名騒動に当時は驚かされた。ますますの活躍ぶりを見る限り、改名の大成功例! といっていいだろう。

芸能界の改名は難しい?

 しかしなかには、逆に運気を下げてしまう改名例もある。10万人以上の姓名鑑定を行い、有名人の改名相談にも多く関わってきた、日本姓名学協会会長のなかやまうんすい先生によると、

「なんとなくイメージを変えたくて、よく考えずに改名をしている例も多く見受けられる」とのこと

「せっかく改名したのに、以前の名前のほうが運勢的によかったと思う例や、姓名学的に使わないほうがよい字を用いた例もよくあります。名前の文字が持つ力や、画数の霊力はとても強力。芸能人に限らず、名前は人の運命を左右します。みなさんが考えている以上に、名前は大きな力を持っているのです」

 芸能人の改名例をなかやま先生に診断していただきながら、わたしたちがすぐに取り入れられる、名前の運気アップ法も聞いてみた。

【本名の読み方や、漢字を変える】

 本名で活動し、すでに知名度や人気を得ている芸能人が、比較的気軽にできるのがこの改名パターン。漢字の一部や読み方などを少し変更するだけのケースもあり、気づかれないことも多い。印象を大きく変えることなく、さりげなく改名できるのが特徴だ。

■加藤浩二→加藤浩次

加藤浩次、9月にはMCを務める『スッキリ』が終了するとの声も……

 3月に、吉本興業とのエージェント契約が解除となり、今後の動向が注目される加藤浩次もこの改名パターンにあてはまる。'18年に、名を「浩二」から「浩次」へとひっそり改名していた。

この改名は、残念ながらあまり大きな意味はありません。というのも、『二』を『次』に変えただけでは、内運がまったく変わらないからです。

 内運とは、姓の最後の一文字と、名の最初の一文字の画数を合計した数のこと。内なる本当の性格を表す数字です。加藤さんの場合、どちらも『藤+浩』で、内運は32画となり、変化がありません。

 このように、内運の末尾が0、2、4で終わる人は、少々変わり者で、何事も早合点しがちという共通点があります。加藤さんに関していえば、天狗になったり、暴言をはいたりという傾向が今後も続くことが心配されます。『かとうこうじ』という呼び名にこだわらず、思い切った改名をしたほうが、運が開ける可能性が高いですね」