Qニューシングル『CHALLENGER』の魅力を

豆原×與那城

豆原JO1の第二章というか、今までにない僕らの形を見せられる作品。目だけじゃなく、耳でも楽しめるポイントがたくさんあると思うので、いっぱい聴いてほしいです!

與那城:僕たちにとって挑戦となるサードシングルになっているんじゃないかなと思っていて。それぞれが、歌い方や声の出し方で新たなジャンルに挑戦しました。

大平×鶴房

鶴房毎回、前作を更新していくんですけど、そろそろネタ切れかなと思いきや(笑)、まだまだあるぞ! と。

大平:ダンスの振り付けもこれまででいちばん難しいです。僕たちが頑張っている姿を通して、みなさんにチャレンジする精神とか勇気、元気が届けられたらいいですね。

金城×佐藤

佐藤:『Born To Be Wild』は、タイトルのとおり、振り付けもすごくワイルド。バイクを運転するキャッチーな踊りになっています。その男らしい振り付けとは別にサビの終わりは、ちょっとおしゃれなノリのダンスもあって。そこにも注目していただきたいです。

金城:聴きどころは、すべて! すごく前向きな歌詞や、僕らが本当に伝えたい気持ちがたくさん入っている曲になっています。

木全×河野×白岩

白岩:タイトルが“CHALLENGER”だけあって、収録曲すべてがこれまでにない新しい曲。

河野:特に僕たちの挑戦的なボーカルに注目してほしいです。この1年で成長した部分や、僕個人であれば、いろいろなアドリブにも挑戦をさせていただいたので、そういった部分を聴いていただきたいですね。それと、今回、僕がセンターをやらせていただくので、より頑張りたいと思っています。

木全:リード曲の『Born To Be Wild』もすごくいい曲ですし、個人的にはバラード『君のまま』がオススメです。

川尻×川西

川西:『Born To Be Wild』は、今までのJO1にないジャンルのサウンド。英語の歌詞が多くて、その点もチャレンジでした。

川尻:不安と期待が混在する中で、新しい世界に飛び込んでいくJO1の力強さを表した1枚。どの収録曲も一歩一歩、前に踏み出しているような感じなので、これから何かに挑戦する人への応援ソングになればいいなと思います。

Q最近、メンバーにときめいた瞬間は?

川尻×川西

川尻:ある?

川西:今日みたいな雑誌の撮影のときに壁にもたれていたら、ある男がイスをさっと差し出して「座ってください」って。豆原なんですけど、惚れましたね。泣きそうでした。これめっちゃ大きめの字で書いてください!(笑)。

川尻:僕は、3月2日の誕生日に(與那城)奨くんから誕生日プレゼントをいただいたんです。指輪をいただいたんですが、渡し方がプロポーズみたいで……。初プロポーズは與那城奨でした!(笑)。

豆原×與那城

與那城奨(左)、豆原一成(右)

與那城:撮影が長く続くと身体が硬くなってきちゃうときがあって。そんなときに、身体をほぐすためにメンバーの背中を鳴らしてあげるんです。手を頭の後ろで組んでもらった状態で両腕の部分を後ろからクッと引っ張ると音がするんですよね。特にふたり(川西と豆原を指して)の鳴り方がよくて、ときめきます(笑)。

豆原:先日、高校の卒業式があったんですけど、仕事で行けなくて。卒業証書を取りに行ったら、学校にメンバーがいて。みんなからサプライズで卒業式をしてもらえて、本当にうれしかったです!

3枚目のシングル『CHALLENGER』 ※記事内の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします

3枚目のシングル『CHALLENGER』
4月28日発売

初回限定盤A(CD+DVD) 1900円、
初回限定盤B(CD+フォトブックレット)1900円、
通常盤(CD)1400円 ※すべて税込み

撮影/矢島泰輔、山田智絵 取材・文/熊谷真由子、高橋もも子
ヘアメイク/佐々木美香、田村裕子、西尾さゆり、河本茜