女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘境での厳しい修行を越え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんが感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 コロナで在宅勤務が続き、すっかり出無精になってしまいました。以前はお出かけが大好きったのに、今はずっと家でダラダラしていたい。メイクもしたくないし、髪も整えたくない。洋服を考えるのも面倒だし、人に会うのも煩わしい。1年にわたるダラダラ生活で体重は6キロも増えてしまいました。こんなふうに楽を選んでしまう私に幸せはやってくるでしょうか。(29歳・コンピューター関係/東京都)

毎日のルーティンを取り戻して

 長引くコロナ禍で、相談者のようにダラダラ生活が板についてしまった方も少なくないようです。

 コロナ以前は、毎日、お化粧をして身支度を整えて、満員電車に揺られて会社に行っていたのに、家で仕事ができるようになって、緊張感を強いられることがなくなって、楽な生活スタイルになったのですね。きっと在宅勤務が始まった最初のころは、数々のストレスから解放されて、リラックスできたのかと思いますが、1年たった今はどうでしょう?

 “リラックス”と“だらしない”は、違います。ダラダラが過ぎて、ダラ~ッと身体の力が抜けると今度はダルくなってきてしまいます。

 あなた自身が薄々「このままじゃいけない」と思っているとおり、今のあなたは心も身体も便秘状態になっています。自然に心のゴミの製造と引き寄せをしているのです。

 心のゴミ、それはネガティブな感情。自分はダメだと悲観的になったり、誰かを羨んだり妬んだりする後ろ向きな感情は、だらしない便秘の心が大好きです。だから、今の自分が幸せになれるとは思えないのです。あなた自身もわかっているのですよね。

 心の便秘を解消するために、まずは、身の回りを整えること。部屋を掃除、整理整頓します。

 そして、毎朝、歯を磨いてシャワーを浴びて、顔も髪もすっきりさせます。

 一日の始まりは、静かな祈りの心で、宇宙の神と自分に感謝します。

 コロナのせいであなたの生活の半径は小さくなってしまったと思いますが、息抜きに散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。そのときにね、深呼吸を2、3回して自然を感じ、自分の生命力の躍動を意識します。そして、両親や家族に感謝して、みんなの幸せを祈るのです。さらにその気持ちを持ったまま歩きます。すると心のゴミは落ちていきます。

 あまり人に会えないことは、自分を磨く時間をいただいたということ。いろいろなこだわりと依存を見直すときです。このように自分を正しく整えると楽になり、生命力が満ち、肌もきれいに、身体もすっきりするのです。ダラダラは今日でおしまいですよ。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本でディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。道場を持ち、全国で指導展開。本当の自分を知る最高の生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイト:https://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。『渡る世間は罠だらけ』など著書多数。Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》