衝撃のニュースが舞い込んできた!

 まさに“電撃婚”ーー。女優・新垣結衣と歌手で俳優の星野源が19日、所属事務所を通じて結婚することを発表した。2人といえば、やはり思い出されるのが、2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での共演。契約結婚から恋愛感情が芽生えていくという“ムズきゅん”ストーリーで、日本中に逃げ恥ブームを巻き起こした。

 今年の正月に放送されたスペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!』では、新垣演じる森山みくりと星野演じる津崎平匡の結婚3年後が描かれ、パパ・ママになった姿も!

 晴れて“リアル”な世界でも夫婦になった2人。SNSでも「逃げ恥婚」「契約結婚」という言葉がトレンドに上がっている。

 『週刊女性』では、2016年『逃げ恥』ドラマ最終回の放送直前に新垣をインタビューしていた。そこで「最後はやっぱりハッピーエンドがいいな」と語っていたガッキーだが、まさか本当に夫婦になろうとは。何はともあれ、おめでとうございます!

 そんな新垣が取材で『週刊女性』に語っていた“2人の関係”や恋ダンスの苦労話とは? 2017年1月1日号のインタビューを再掲する(以下本文は掲載当時のまま)。

* * *

新垣結衣 撮影/伊藤和幸

最後はやっぱりハッピーエンドがいいな

「普段なかなか連絡できていないお友達とか、お世話になっているスタッフさんから“見たよ!”っていう連絡をたくさんいただいて。あと、スタッフさんから“電車でドラマの話で盛り上がっている人がいたよ”っていうお話もよく聞きますし、反響がとても大きくてうれしいです!」

 視聴率絶好調! 毎週ムズキュンが止まらない『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系・火曜夜10時〜 第10話[12/13]、最終話[12/20]は15分拡大放送)で、主人公・森山みくりを熱演中の新垣結衣。“プロの独身”を自負する津崎平匡(星野源)との関係については、やはりこんな思いを。

「気持ちがすごくすれ違ったかと思うと、いつの間にか通じ合っていたり。視聴者のみなさんと一緒に、私自身も2人の関係にすごくじらされていて(笑)。一見、真逆の人間のようでいて、お互いに持ってないところを埋め合う関係はすごくいいなって思います。

 最後はやっぱりハッピーエンドがいいですよね。どういう関係でもいいです、2人が幸せなら。あと、見てくださる方がスッキリできる終わり方になればいいなって思います」