5月17日からスタートしたNHK朝ドラ『おかえりモネ』が好評だ。ヒロインを務めるのは『あさが来た』『なつぞら』に続き、3度目の朝ドラ出演となる清原果耶(19)。そんな彼女を知る地元の人やテレビ関係者に話を聞くと、数々の伝説が飛び出して―。

幼少期にみせた才能の片鱗

女優デビュー作の朝ドラ『あさが来た』の撮影当時から、NHKのスタッフは“あの子はすごい!”と絶賛していましたね。業界では、朝ドラヒロインになるのも時間の問題だと言われていました」(芸能プロ関係者) 

 朝ドラ104作目となる『おかえりモネ』。天気予報の可能性と魅力を知り、やがて気象予報士を目指すヒロイン役を演じているのが、19歳にして数多くの賞を受賞している実力派・清原果耶だ。

 朝の顔となった彼女の原点を調べるため地元・大阪に飛んだところ、驚くべきエピソードが次々と飛び出した─。

 3歳のころから家のテーブルをステージ代わりにして歌って踊るのが大好きだったという清原。通っていた幼稚園では、早くもその才能の片鱗を見せていたという。

お遊戯会ではクラスごとにアニメの歌を披露したのですが、清原さんは誰よりも声が大きく上手でしたね。年少さんのころは身体は小さいほうだったのですが、負けず嫌い。温水プールに入る授業では怖がる園児たちが多い中、彼女は嫌がるそぶりをまったく見せずに元気よく遊んでいて、度胸がある子だなと感心したことを覚えています」(当時の担任)

 美しさも際立っていたようで近所の飲食店の店主は、

「小学生のころからモデルさんのようにスラッとしていたね。母親と仲よく商店街を歩いていたけど、美人親子で当時からオーラがあったよ」

 と振り返る。母親を含め、家族そろって大ファンだというPerfumeに憧れ、小学5年生からは兵庫県に本拠地を置く劇団でダンスやミュージカルを習い始める。

母親がPerfumeも所属する現事務所の新人発掘オーディションの案内を見つけて応募。見事3万2214人の中からグランプリに選ばれて、芸能界入りしました。同オーディションでは俳優・モデル部門で来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で源頼家役を演じる金子大地さん、バラエティー部門で人気ユーチューバーのエミリンさんが受賞するなど、逸材ぞろいでしたね」(テレビ誌編集者)

清原が憧れていたPerfume。彼女たちと同じ事務所に入って、歌手デビューも果たした

 グランプリ獲得の約2か月後から本格的に芸能活動を開始。すぐさま三井不動産グループ、アステラス製薬の2社のCMに起用され、その美少女ぶりで一躍、注目を集める。

「デビュー2週間で『週刊文春』のグラビアに登場するなど、所属事務所もかなり期待を寄せていましたね」(アイドル誌編集者)

 朝ドラ『あさが来た』では、当初、別の役でオーディションを受けて不合格になったものの、プロデューサーの目に留まり、メインキャストである女中・ふゆ役に抜擢される。

透明感はもちろん、当時から存在感がありましたね。また撮影現場では年上の共演者やスタッフたちともうまくコミュニケーションを取っていたのが印象的でした」(前出・テレビ誌編集者)

 ’16年3月には全編4Kで撮影されたNHKドラマ『精霊の守り人』で、綾瀬はるか演じるヒロイン・バルサの少女期を熱演した。

ダンスを習っていたからか、アクションシーンでは持ち前の身体能力の高さを発揮。デビュー間もないとは思えないほど、綾瀬さんの少女時代をうまく演じていました」(ドラマ評論家・北川昌弘さん)