青木さやかは終始、はきはきとした口調でインタビューに応じてくれた
【写真】パニック障害に苦しんだ日々を神妙な面持ちで語ってくれた青木さやか

「受け入れるの、嫌でしたね」

――パニック症と言われて、すぐに受け入れられましたか?

青木:私は当時、先生から病名を聞いていなかったような気がします。今回、コラムを書く機会があったので、初めて先生に「私の病気って何ですか?」と聞いたら「一般的にはパニック症というと思いますよ」とおっしゃって。たぶん、それまでは私の負担にならないように、病名をはっきりとは言わなかったんじゃないかと思います。

 パニック症と言われて、受け入れるの、嫌でしたね。病名がわかる前も、薬を飲んでいることはマネージャーさん以外には隠したほうがいいと思いましたし、共演者に伝えたことはないです。言われた相手も困るんじゃないかと。

 それに、お笑いの世界にいるので「青木って狂ってるな」とか「頭おかしいんじゃないの」って言葉は日常的に言われていて。相手はもちろん私を傷つけるつもりはないんですよ。でも、実はけっこう傷ついているので、また何か言われるんじゃないかなと。自分が余裕さえ持てば全然、平気なんだけれども。

――結局、パニック症になってしまった原因はわかっているんですか?

青木:「これが原因です」みたいなことは言われていない。ストレスじゃないのかな。ただ、あんなにずっと怒っていなければ、病気にならなかったかもしれないです。私は怒りがエネルギーだった人間なので、当時はいつもイライラしていたから。

――薬を飲んで楽になりましたか?

青木:緊張感はやわらぐようになりました。倒れそうになったときは、薬を飲めばだいぶ楽になったから。でも代わりに、すごく薬に依存するようになってしまった。薬がないと怖くて。薬を持ってくるのを忘れると、ワーって(心臓が)バクバクしたり。

 やっと手放せたのは、1年くらい前です。ある日、飲むのを忘れて、次の日も飲むのを忘れて、次の日も……みたいなことの積み重ねで1年経っているって感じです。それまで、8〜9年間くらいは飲んでいたと思います。

――パニック症を隠すタレントさんも多いですが、公表したのはなぜですか?

青木:エッセイで書こうと思ったのがきっかけです。もう薬を飲んでいなくて、病気が過去のものになったので、すごく冷静に、客観的に書けるようになったからだと思います。決して「パニック症の人を励まそう」とかいう気はなくて。私は私のことしかわからないので、ただ自分のことを書いたっていうだけです。自分にとっては、隠すことではないかなと思えました。

話の盛り上がりに笑顔を見せるたかまつなな