パニック症になってから、9年ほど薬に頼る日々が続くも、今ではすっかり笑顔を取り戻した青木さやか
【写真】パニック障害に苦しんだ日々を神妙な面持ちで語ってくれた青木さやか

偏見や固定観念に苦しめられていた

――パニック症になってよかったと思えることはありますか?

青木:私は、自分の人生に起きることはすべて、何かしらの原因があったうえでの結果だと思っているんですよ。だから「原因はなんだろう、考え方を改めよう」という、ひとつの大きな変化につながっているので、よかったといえばよかったことです。

――病気を経験する前と後で、どう考え方が変わったんですか?

青木:パニック症に対する偏見や固定観念がなくなりましたね。最初は心療内科に通っていることを人に知られたくなくて、マスクをして行っていましたし、パニック症だと知られれば、仕事で使いづらいとか、しゃべりづらいとか、笑いにつながりづらいとか、思われるんじゃないかと思っていました。

 でも実際には、心療内科に通う人も至って普通の人たちだし、自分の偏見に自分自身が苦しめられていたことに気づいたんです。今では「(パニック症で)薬を飲んでいるんですか」って聞かれたら、血液型を聞かれたときに「O型です」って答えるのと同じくらい(の感覚で)、「飲んでいます」って答えられます。

――自分のなかにある偏見や固定観念に苦しめられていたんですね。

青木:私は、過去に植えつけられた記憶のなかで、偏見や固定観念を持って生きてきました。親や友達、先輩などから言われた言葉が頭の中に残っていて、これを言ってはいけないとか、こう生きていかなきゃいけないとか、こういうときはこうだ、みたいな。そういったものがなければ、きっとストレスはなかったと思います。とは言っても、社会に物申すより、自分が変わったほうが早いのだと、恩師に教えてもらいました。まずは自分の偏見をなくして、自分が変わらないといけないと感じています。

――具体的には、どんなことに気をつけていますか?

青木:仕事では、ネガティブなことを思うと倒れそうになっていたけれど、楽しければきっと倒れない。だから、常に楽しい状況を作るために、人を嫌わない、嫌われないことを意識しています人を嫌わないっていうのは、自分と考え方が違う人がいても否定しないこと。誰も何も否定しなければ、自分も否定されないんじゃないかと思って実践しています。できるだけ自分が仕事をしやすい、生きやすい環境を作るには、人との関わり方や生き方を変えるのが大事だと思います。

――自分に対しても厳しくなくなったという面もあるんですか?

青木:私は自分をぜんぜん大事にしていなかったんだと思いますね。自分を大事にすることは、人を大事にすることだと思うようになったので、今は前よりも自分のことを大事にできていると思います。

――最後に、パニック症で悩む人に向けてメッセージをいただけると幸いです。

青木:私は肺がんもやっていますけれども、パニック症のほうが日常的にはつらかった。世間の目が気になるとか、職場には言いたくないとか、そういう思いがあって、それをストレスに感じる人がいるとしたら、「多くの悩みは植えつけられた固定観念に過ぎない」って思ったほうが、楽に生きられると思います。

(取材・文/お笑いジャーナリスト・たかまつなな)

『母』(青木さやか著・中央公論新社) ※記事中の写真をクリックするとアマゾンの商品紹介ページにジャンプします