韓国のソウルフード・キンパの進化が止まらない! のり巻きといえば手間のかかるイメージですが、たった9秒で完成する手軽さから「9秒キンパ」とも呼ばれグッドルッキングな“折りたたみキンパ”が今、人気。さっそく試してみませんか?

料理研究家・松山絵美さん

教えてくれたのは
料理研究家・松山絵美さん


 6歳から11歳までの4児のママでフォロワー12万人超の人気インスタグラマー。野菜たっぷりのヘルシーな料理が人気で、韓国料理も得意。著書『やみつき節約めし』(小社刊)発売中。

お弁当やランチにぴったり!

 おなじみ、具だくさんの韓国風のり巻き「キンパ」のニューノーマル!? SNSや動画投稿サイトで注目を集めているのが「折りたたみキンパ」です。

「従来のキンパは巻きすでクルクルと巻いて作るので道具もテクニックも必要ですが、このキンパはのりに具をのせて折りたたむだけなので失敗なし。数年前に流行った“おにぎらず”よりもさらに簡単でオススメです」(松山さん)

 半分に切った断面はまさに“萌え断”。朝食、お弁当、休日のランチがグッと華やかになることうけあいです。

基本の折りたたみキンパ

基本の折りたたみキンパ

 松山さんの折りたたみキンパは「2か所にご飯を置く」のがコツ! ご飯で具を挟む形となり、食べやすくなります。また、ご飯と具は冷まし、具の汁けはよくきることが大切です。まずは色合いも味もバランスのいい基本の折りたたみキンパをご紹介します。

※電子レンジは600Wを使用。

材料(2個分)

ご飯 200g

【A】
ごま油 小さじ1
 小さじ1/4弱

 2個

【B】
砂糖 小さじ2弱
 少々

ごま油 適量
ポークランチョンミート(長さ8cm、幅3cm、厚さ1cmに切る) 4切れ
焼きのり(全形) 2枚
サラダ菜 2枚
スライスチーズ 2枚
白菜キムチ 40~50g

下準備
・ご飯に【A】を混ぜて冷ましておく。
・卵は割りほぐして【B】と混ぜる。卵焼き器にごま油を中火で熱して卵液を流し入れる。大きくかき混ぜ、半熟状になったら半分に折って火を通す。粗熱をとって半分に切り、冷ましておく。
・ポークランチョンミートはフライパンで両面をサッと焼いて冷ましておく。

作り方

【1】のりを切る

1 のりを切る

  調理ばさみでのりの左右中央、下半分に切り込みを入れる。

【2】具をのせる

2 具をのせる

  のりの左下にサラダ菜1枚、ポークランチョンミート2切れ、スライスチーズを1枚を順にのせる。左上に卵焼き1切れ、キムチ半量を順にのせる。右上、右下にご飯1/4量をそれぞれのせる。

【3】折りたたむ

3 折りたたむ

  左下の具とのりを押さえながら左上に折りたたんで重ねる。同様に左上を右上に重ね、右上を右下に重ねる。

【4】ラップで包んで切る

4 ラップで包んで切る

 ラップに包んで少し置いて落ち着かせ、横半分に切る。同様にもう1個作る。