「おかあさん、道路におしっこの入った袋が落ちていたよ」

 小学生の娘からそう聞かされた女性住民は、きっと何かと間違えているのだろうと思った。数日後、自分の目でそれを見るまでは……。

 さいたま市北区の路上に尿のような液体が入ったビニール袋を捨てたとして埼玉県警大宮署は5月17日、同県杉戸町の会社員の男(62)を廃棄物処理法違反(投棄禁止)の疑いで逮捕した。県警によると、同日午後1時24分ごろ、尿のような液体入りのビニール袋1袋(約120グラム)を投棄したため現行犯逮捕となった。

 地元担当の記者はこう話す。

「現場近くの住民から“尿のようなものが入ったビニール袋が落ちている”と5月1日に通報があり、捜査当局が防犯カメラの映像などから容疑者の車両を割り出した。逮捕当日、張り込んでいた捜査員は“おしっこ男”が尿入りのビニール袋を捨てるところを目撃。数年前から同様の行為を繰り返していた可能性があるとみて調べを進めている」

 男は犯行動機について、

「トイレに行くのが面倒で、自分の尿をビニール袋に入れて捨てた」

 などと供述しているという。

「20回以上見た」という男性も

 現場は交通量の多い幹線道路に近い住宅街の一角。すぐそばに大型スーパーや広い公園などがあり、トイレに不自由しない場所だった。

投棄現場から徒歩2~3分にある公園のトイレ。ここで用を足すことはできなかったのだろうか……

 周辺を取材すると、逮捕案件と手口のよく似た“放尿ビニール袋”を目撃した住民は少なくなかった。

 逮捕の端緒となった5月1日の通報者に話を聞くことができた。その異様な“落とし物”を見つけたのは日没前の午後6時すぎのこと。近所の50代男性が語る。

「帰宅途中、スーパーの裏手にあるゴミ集積場付近に黄色っぽい液体の入ったビニール袋が落ちているのを見つけたんです。見かけたのはそのときが初めてではなく、今年に入って何度か近くの道端や植え込みに投棄されているのを見ていました。ビニール袋はA4サイズぐらいの丈夫そうな材質で、クリアな透明のため中身がわかる。たぶん、おしっこだろうと。袋になみなみと入っていることも多かった。あまりに続くので気味が悪くて通報したんです

 冒頭の女性は「見つけても触っちゃダメだよ」と小学生の娘をさとし、動機のわからない不法投棄に言い知れぬ恐怖感を覚えた。

「今年に入ってから20回以上は見ている」

 と話す男性もいた。