ただ、あるレコード会社関係者は、今回の京都旅行に苦言を呈する。

「大野さんには“危機管理能力”が足りないように思いますね。大野さんは仲よくなるとプライベートなことも話しますが、必ずしも彼を慕って近づいてくる人ばかりではありません。その証拠に、短い期間で女性との関係をリークされているので、周りの人を信用しすぎず、もう少し慎重に行動したほうがいいのではないでしょうか」

左から松本潤、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也
【写真】流出!大野の元カノ・シンママとされる女性が錦戸亮と…

 大野は、そうした思慮を欠いた行動によって“ある約束”を破ってしまった。

「2019年に二宮和也さんが結婚して以降、メンバー同士で“自分たちもいい年齢なのだから、恋人がいてもいいと思うけど、仕事先やファンに迷惑をかけないようにしよう”と決めていました。その点で、今回の大野さんの行動は、ふさわしくなかった。表舞台に出なくなり、動向を気にするファンを心配させてしまいましたからね」(同・レコード会社関係者)

コロナ禍で堂々と京都旅行

 そもそも、新型コロナウイルスの影響で、世間が“自粛ムード”に包まれる中、旅行に行ったことを問題視する人も。

「ジャニーズ事務所内では、コロナ禍に県をまたぐ移動をしたこと自体を咎める声も上がっているようです。現在、ジャニーズのタレントは、不要不急の外出を避けるよう注意されています。大野さんも、基本的には都内にいて、京都を訪れた際も“緊急事態宣言”期間を避けるなど、彼なりに注意はしていたようですが、やはり軽率な行動であることに変わりありません」(別のレコード会社関係者)

 大野も、ファンを心配させたことは悔やんでいるだろうが、一部のファンは彼に冷ややかな視線を向けている。

「活動休止を発表したときに、“休みたい”と話していましたし、恋人と過ごすのはいいと思います。ただ、京都という人目につく場所を堂々とふたりで歩いたことはどうなのかなと。いくら芸能活動をしていないとはいえ、プロとしての意識を欠いているのではないでしょうか」(大野ファンの女性)

 メンバーはそうした厳しい声も受け止めながらも、松本潤と櫻井翔は大野に対して“憂慮”を抱えている。

「ふたりはもちろんですが、相葉雅紀さんも二宮さんも、決して大野さんを責めるようなことは言っていません。むしろ、メンバーは今回の報道に対して、“いまは芸能界から離れているのだから、そっとしてあげてほしい”と心配していますよ」(テレビ局関係者)