「6月29日、秋篠宮ご夫妻は31回目の結婚記念日をお迎えになりました。

 コロナ禍のため当日は秋篠宮ご一家だけでの食事会が行われるのでしょうが、眞子さまは今年が“皇族として”お祝いされる最後の年になるのでしょう」

 そう話すのは、宮内庁関係者のひとり。

「眞子さまは、30歳という節目を迎える今秋に小室圭さんとのご結婚を想定して、昨秋から動かれているようです。遅くとも年内には結婚され、来年のご両親の結婚記念日は“民間人”としてお祝いするつもりだと思います」(同・前)

眞子さまが公表されたコメントの「重大さ」

 昨秋、眞子さまが公表された文書には《結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》と、非常に強い表現を盛り込まれた。

 今年4月に公表された、小室家の金銭問題に関する28ページの文書にも、大きく関与されていた眞子さま。

 その関与が明かされた宮内庁皇嗣職大夫による会見では「今回発表された文書を読まれて、いろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」という、眞子さまのコメントまで公表されている。

香淳皇后の命日に『武蔵野東陵』での儀式に皇族代表として臨まれた(6月16日)

「皇室の方々が公におことばを出されるのは、成年になられた際やお誕生日での会見や式典など非常に限られており、それほど重いもの。つまり、一般家庭の金銭問題に関して眞子さまがおことばを出されたこと自体、前代未聞の出来事なのです」(秋篠宮家関係者)

 昨秋以降の眞子さまについて、宮内庁OBで皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、次のように語る。

眞子内親王殿下は、昨秋に公表されたお気持ちと、4月の小室圭さんの説明文書への対応では、公より私を強く出され、皇族としては考えられない姿勢を示されました。

 皇室と国民とは精神的なつながりが大切で、国民側からすると常に自分たちに心を寄せてくださっていると感じるからこそ、皇室に対して敬愛の念を持つのだと思います。

 眞子内親王殿下は公務をしっかりと行っておられるので、公に関してはご立派ですが、プライベートにおいてはわれわれと同じ一個人だというお気持ちが強いのでしょう。

 しかし、国民側からすれば公も私も関係なく、皇族として見ています。眞子内親王殿下のご結婚は法的には私の事柄ですが、国民は皇族の事柄として捉えています