『MIU404』の星野源×綾野剛、『SUIT』の織田裕二×中島裕翔など男性バディは毎年誕生しているのに、女性バディはそれほどでも……。7月7日からスタートする女性バディドラマ『ハコヅメ』に先駆けて、これまでの作品をプレーバック。最強女性バディを決めよう!

女性バディが少ない理由

男性のバディドラマは多くヒットしているのに女性となると思い浮かばない人も多いのではないでしょうか

 とは、ドラマウォッチャーの神無月ららさん。そんな女性バディものの歴史を変えるかもしれない作品が夏ドラマにやってきた。

 戸田恵梨香×永野芽郁の『ハコヅメ』(日本テレビ系、水曜午後10時)

原作は漫画『モーニング』で連載中の、元警察官の経歴を持つ泰三子さんの作品。刑事課の元エース・藤聖子(戸田)と新人の川合麻依(永野)の交番勤務の凸凹コンビが織りなす《交番エンターテイメント》。女性バディものの金字塔になるかが注目されています」(ドラマ関係者)

戸田恵梨香と永野芽郁のコメディエンヌとしての相性に期待!

『週刊女性』で女性バディものといえば思い浮かぶ作品を男女1000人に聞いたところ、約3分の1にあたる289人の人が「ない」と答え、挙がったのはわずか4作という結果に

 テレビウォッチャーの吉田潮さんは、

バディというと職業ものですよね。女性の職業ものってなかなか難しいんです。それこそ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)の観月ありさ×松下由樹はうまく乗っかったからヒットしたのでしょうね

 と、女性バディが少ない理由を分析する。神無月さんも、

「単純にバディをドラマ仕立てで作る場合の職業選択として、いちばん作りやすいのは刑事とか探偵とかの事件解決ものなんですよね。『相棒』しかり、『傷だらけの天使』しかり」と、男性が主人公になりがちな点を指摘する。

 数少ない女性バディものだが、『ハコヅメ』に先駆けて過去の注目作品をプレーバック!

 あなたが選ぶ最強女性バディといえば?