昨年放映され、話題を集めた『NHKプロフェッショナル 仕事の流儀 プロのおうちごはん』。その6回の放送が一冊の本として出版された(アスコム刊)。中では21名の食のプロがおうちでもできる名店のレシピを大公開。自宅で料理を作る機会が増え、毎日の献立に頭を悩ませている人も多い中、簡単にプロの味が家庭で再現できると大評判だ。

放っておけるレシピは、実は手間いらず!

 今回は、その中からタサン志麻さんのレシピとワザを紹介する。NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でその仕事ぶりが放映されるや、年間最高視聴率を記録。出版したレシピ本は続々ベストセラーとなった志麻さん。彼女が提案する「ラクをしてごちそうを作る方法」のポイントは次のとおり。

タサン志麻さん

■ポイント1
「ラク=時短」と考えてしまいがちだが、簡単な仕込みで後は煮込むだけ。放っておけるレシピは、実は手間いらず。リモートで仕事をしながら手軽にごちそうが作れる。

■ポイント2
 在宅で、毎日3食家族全員のご飯を作る人も多い。たくさん作れるものは作り置きして、アレンジでラクをする工夫をしよう。

■ポイント3
 肉や魚の入った容器をそのまま使って調理したり、はかりの目盛りを工夫して、牛乳やはちみつをパックごと量ったり、洗い物を減らす工夫をするだけで、調理がずいぶんラクになる。