記事に掲載されていた発言は、どれも佳代さんらしいと感じました。

 彼女はいろいろ考えるというよりも、思い立ったら即行動といったタイプで、それが強み。ときには失敗して周囲から誤解されることもあると思います。

 圭くんをバイオリンや絵画教室に通わせたのも、とりあえずクリエイティブな分野に触れさせようと考えたのでしょう」

 そう話すのは、小室圭さんとその母親・佳代さんと交流のあったAさん。

世間に衝撃を与えた“母”の告白

“記事”とは、6月下旬に発売の『週刊文春WOMAN』に掲載された《小室佳代さん 「密着取材」一年》と題されたスクープ記事のこと。

 沈黙を守り続けてきた佳代さんが初めてメディアに口を開き、圭さんの子育てや現在の心境、金銭トラブル、眞子さまへの思いなどを語り、その肉声は世間を驚かせた。
《息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました》

 と、東京都品川区にある『カナディアン・インターナショナルスクール』に圭さんが中学から入学した経緯を明かした佳代さん。あくまで息子が進路を決めたというのだ。

『週刊文春WOMAN』に掲載された6ページにも及ぶ佳代さんの告白は世間に衝撃を与えた

 圭さんが通っていた『国立音楽大学附属小学校』は、音楽の道を志す子どもが多く、自然と留学を視野に入れる家庭も多いという。

 周囲の影響もあって、圭さんは自分の意思でインターを希望したのだろうか─。

「いやいや、圭くんは佳代さんの“言いなり”でしたよ」

 圭さんが小学生のころ、小室家の行きつけだった飲食店のオーナーはそう証言する。

「お店に来ると、佳代さんが旦那さんと圭くんの食べ物や飲み物のメニューを全部勝手に決めちゃうんです。圭くんはもちろん、旦那さんも何も言わない。というか、旦那さんの声を聞いたことがないと思うほど、佳代さんが主導権を握っている家族でした。

 佳代さんは一時期働いていた自然食品店のお菓子を、私の店で売ってほしいと言ってきたり、そのお店で雇っている障害者の方をうちの店でも雇ってほしいと頼んできて困りました。彼女はとにかく、自己中心的な方なのだと思いました」(飲食店オーナー)

 佳代さんの元婚約者も以前、このような“自己中”エピソードを明かしていた。