外国人選手だけでなく日本人の選手にも好かれていて、周囲からは“一平ちゃん”と呼ばれていたそう。

「現巨人の陽岱鋼(ようだいかん)選手とは特に仲がよくて、当時もたびたびキャッチボールの相手を頼まれていました。大谷選手のキャッチボール相手が務まるのも、彼に鍛えられたからかもしれませんね」(キー局スポーツ記者)

ホームランダービーで捕手を務めた水原一平氏(ロサンゼルス・エンゼルスの公式ツイッターより)
【写真】大谷翔平と熱愛⁉︎ 狩野舞子の美人すぎるユニフォーム姿

日本ハム時代に親交を深めていった

 プライベートでは'18年に結婚しており、過去には女性誌にその存在が報じられたこともあった。

「日本ハムに所属していたころから付き合っていて、すごくきれいな人だというのは関係者の間でも話題になってました。ハーフ系の整った顔立ちで、まるでモデルのような人だと。“一度会ってみたいよね”なんて、現場で盛り上がることもありましたね」(同・キー局スポーツ記者)

 日常のやり取りは外国人選手が中心のため、大谷との繋がりは薄かったようにも思える。2人はどこで関係を深めていったのか。

「もともと親交があったというよりは、大谷選手と仲がよかったメンドーサ選手を介して関係ができたそうですよ。よく一緒に食事に行っていましたからね。水原さんの人柄のよさもあって、大谷選手も信頼を深めていったんだと思います」(同・キー局スポーツ記者)

 '17年のオフに大谷が海を渡ることとなり、水原氏が専属通訳としてついていくことになった。チームを率いる栗山英樹監督からすれば、絶対的エースに加えて、これだけ優秀な通訳を手放すのは心苦しかったに違いない。

「ホームランダービーでキャッチャーを務めたとき、栗山監督は“本当に大丈夫かな?”なんて冗談交じりに心配してましたけど、監督も彼のことをとても信頼していましたからね。球団のみんなから愛される“一平ちゃん”の存在は大きかったと思います」(前出・スポーツ紙記者)

 世界トップレベルのメジャーリーグで、大谷が異次元とも言われる活躍ができるのも、最高の“パートナー”がいつも隣にいてくれるからなのかも。