イケメン俳優なのに、全裸での体当たり仕事、不倫騒動と、世間に衝撃を与え続ける男・原田龍二。今回は、いちばん謝るべき人である妻とのCM共演! いったい何を考えているのか。そして、共に歩んできた妻は―。直撃インタビュー!

私が出ることで喜んでいただけるなら……

 約2年前、文春砲を被弾した俳優・原田龍二(50)。以来、反省の旅路を歩みながら家族と向き合い、仕事に打ち込む日々を送っている。本誌で連載中の対談企画でも、人生の先輩などと言葉を交わしながら“反省とは何か”、その答えを探し続けている。

 そんな原田がなんと、山本漢方製薬の「大麦若葉」のCMで“夫婦共演”を果たした。普通ではまず考えられないことだが、原田夫妻はいったい何を考えているのか……原田龍二とその妻・愛さん(48)を直撃した。

山本漢方製薬の山本整社長から『今度はご夫婦で共演しませんか?』という連絡を直々にいただきました。僕が不祥事を起こしたあとも継続してCMに起用していただけただけでもありがたいのに、まさかこんな形でオファーが来るとは……。内心『それやっていいの!?』と、ツッコミを入れちゃいました」(原田)

 初めこそとまどっていた愛さんも、最終的には了承。夫婦での共演が実現した。

2年前は本当にご迷惑をおかけしたので、私が出ることで喜んでいただけるなら……と、お受けしました」(愛さん)

 仕事面でも夫を支える、まさに内助の功。さらに、CMの記者発表会は原田が謝罪会見をしたTOKYO MXで行われたことも大きな話題を呼んだ。

「私も昔は芸能活動をしていましたが、撮影現場は本当に久々だったので緊張しました。彼はとても落ち着いて演技していたので『さすが俳優さんだなあ、頼りになる!』と感心しましたね」(愛さん)

原田龍二(右)と妻・原田愛(左)

 思いがけない妻からの褒め言葉に「そりゃ30年やってるからね……。本当なら主演男優賞とってないとダメなんだから!」と照れ笑いする原田。愛さんにとって、働く夫の姿を間近で見る貴重な機会になったようだ。

 そんなふたりの出会いは約30年前、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)内の再現ドラマでの共演がきっかけだった。

「撮影の待ち時間に、私がウォークマンで大好きなレゲエ音楽を聴いていると『何聴いてるの?』と話しかけてきたのがパパ(原田)でした。それから彼が自分の好きな曲を録音したカセットテープを貸してくれて、距離が縮まりましたね」(愛さん)