椎名桔平と原田知世の交際が報じられた。57歳と53歳、ともにバツイチで、結婚も噂されている。

 40代以降の“シニア婚”が一般的になる中、人生経験が豊富なこうしたカップルの場合、失敗さえも糧にしながらうまくやっていけそうなものだが、そうとも限らない。2005年に結婚した渡辺謙(61)と南果歩(57)は、13年後に破局した。

ビッグカップルの大誤算

 結婚当時、渡辺は46歳で、その9か月前に一般女性の妻と離婚。南は41歳で、5年前に作家でミュージシャンの辻仁成と離婚していた。渡辺は'03年にドラマ共演で知り合った南にぞっこんで、

「果歩のすべてを一生愛する」

 とまで宣言していたが、破局の原因は渡辺の裏切りである。'17年に21歳下のジュエリーデザイナーとの不倫が発覚。それも、南が乳がんで闘病中というタイミングだった。

'18年に離婚した南果歩と渡辺謙

 会見を開いた渡辺は、発覚後に不倫相手と別れたことや、南から、

「こんなことであなたが積み重ねてきたものが消えるわけではないから、頑張ってね」

 と言ってもらえたことなどを説明。夫婦関係について「時間をかけながら軌道修正をしているところ」だと語ったが──。翌年、離婚した。時間をかけても軌道修正はできなかったわけだ。

 その理由について、南が'19年に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でこんな話をしている。

いろいろあって、それぞれが幸せになるほうがいいのかなって。不倫への怒り? ううん、怒りにいかない。悲しみとかも。無、無、無……。心が“無”」

 この番組で「2回目の結婚は添い遂げるつもりでいました」とも明かし、今度こそという思いだったことをにじませた。しかし、裏切りへの失望はシニア婚だろうと何だろうと同じだ。むしろ、大人同士だからよけいに許せないのかもしれない。

 一方、初婚と再婚という組み合わせだったのが、船越英一郎(60)と松居一代(64)だ。結婚したのは'01年で、船越が41歳、松居が45歳。前夫とのあいだに生まれた連れ子の長男もいた。

 それもあって、船越の父で俳優の英二は猛反対。結婚式にも出席しなかった。しかし松居の連れ子と船越との仲もよく、また、当時、松居はお掃除タレントとしてもブレイク中。世間がふたりを見る目はまずまず好意的だった。

 だが、そんな印象は'16年後のドロ沼離婚劇で完全にかき消されることに。“ドロ沼離婚劇”という表現は比喩的に使われるが、この場合はまさしくドロドロかつドラマチックで“松居劇場”とも呼ばれた。