思わず誰かにLINEしたくなる! 知って楽しい、おもしろ雑学を2つ紹介。今回は、夏のエアコンの節電テクニックとスイカと塩の美味しい関係について。

日中と夕方以降で使い方を変えるのがコツ

Q 夏になると跳ねあがる電気代。エアコンのおトクな使い方は?
A 日中と夕方以降で使い方を変えるのがポイントです。

 いよいよ猛暑本番、この時期、大活躍のエアコンだが、気になるのは電気代だ。総務省の調査によると、夏場の電気代は安い時期と比べると1・3倍近く高くなるという。そこで、もっとも電気代が抑えられるエアコンの使い方を、空調機大手メーカーのダイキン工業に聞いた。

「日中(9時~18時)の在宅時は、エアコンはつけっぱなしにしているほうが電気代を抑えることができます」(広報の由井明日香さん)

 エアコンはスイッチを入れて室温を大きく下げるときにもっとも電力を使うので、暑い日中に何度もつけたり消したりすると電気代が余計にかさむのだ。ところが、夜間は事情が異なるという。

「外の気温が下がり、室内との温度差が小さくなる18時以降は、つけっぱなしにした場合よりも、30分ごとにオン・オフを繰り返したほうが消費電力が少なくなる傾向にあることが実験でわかっています」(由井さん、以下同)

 夕方、少し涼しくなってきたと感じたら、とりあえずスイッチを切って30分様子をみてみるのが節電のコツだ。

 外出をする場合は、目安として日中だと35分以上、18時以降なら18分以上の外出であれば、一度電源を切ったほうがいいとのこと。

「また、部屋の窓の外にすだれやよしずをかけて日よけすること、室外機の前の風通しをよくすること、室内機のフィルターの掃除をすること、この3点で21・8%も節電効果があったという調査結果もあります。節約のためにはエアコンの使い方だけではなく、まわりの環境にも気をつけてみてください」

換気のポイントはエアコンからできるだけ遠くにある対角線上の2つの窓を開けること。ちなみに風が弱いときは片側だけ狭く開けると効果的