配信サービスの充実で、自宅でさまざまな映画が楽しめるようになったけれど逆に、何を見ようか迷っちゃいません? 夫婦で、ひとりで「今、見るべき1本」をLiLiCoさんがセレクト。熱い推薦コメントとともにお届けします。

人生をさらに彩り豊かに

 おうち時間の充実にぴったりなのが映画。でも最近見るのはテレビや韓国ドラマばかりで、映画はご無沙汰……という人も多いのでは?

「日本のテレビは面白いから! 私も一日中、楽しめますもん(笑)。でも映画には、たとえどんなおバカなコメディームービーでも、ホラーでも作品を通して何かを伝えたいという作り手からのメッセージがある。それをじっくり味わい、受け取るのが映画の醍醐味なんですよね

 と語るのは、年間400本以上は鑑賞するという、映画コメンテーターのLiLiCoさん。

「見終わった後に誰かと感想をシェアするのも大事で。夫婦でも友人どうしでもそこから話が広がりますし。私も主人と一緒に見るとやっぱり楽しい。自分が気づかない部分に気づけたりして」

 映画の魅力はストーリーだけではない。

「私はインテリアが大好きだから、映画に出てきた家具とか小物を見て模様替えしたくなるし、登場人物のファッションをマネしたことも数知れず。それこそアクセサリーのつけ方から、ライフスタイルまでたくさんのヒントがちりばめられている。自分の中の好奇心が刺激されて人生が豊かになります」

 また昔に見た映画を見直すこともおすすめ。

「人生経験とともに感性も変わっていくので、オトナ女子こそ、気に入った作品を繰り返し味わってみてください」

夫婦で一緒に見るのも楽しいわよ〜

夫婦で楽しめる映画4選

 笑いや感動を共有したり、じっくり語り合ったり。夫婦で見るのにおすすめの作品はこちら!

夫婦で語り合いたくなる感動作

■『アイリス』

 アイリス・マードック(ジュディ・デンチ)とジョン・ベイリー(ジム・ブロードベント)は、1950年代、オックスフォード大学で出会った。あまり目立たない存在だった講師のジョンは、豊かな知性と魅力的な容姿を兼ね備えたアイリスに、一目見た瞬間から恋をする。やがて2人は結婚し、アイリスは一流の作家になる。それから40年後の現在。2人の絆はより深くなっていたが、ある日、テレビでインタビューを受けていたアイリスは、自分の話していたことを忘れ、言葉に詰まってしまう。精密検査の結果、アルツハイマーと診断される。

『アイリス』 イラスト/高松啓二

2001年/91分/イギリス/DVD セル&レンタルにてリリース中
監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ウィンスレットほか

【LiLiCoさん推薦コメント】
 これは実在したイギリスの作家の話。このリチャード・エアー監督の作品は大体90分で終わるんですが、毎回過不足なくいい映画を作るんです。そんな中でも『アイリス』は、夫婦の絆がテーマ。アルツハイマーで忘れていく妻を、ジム・ブロードベント演じる夫が守り続けるんだけど、たまらず彼がキレてしまうシーンに、私はグッときました(涙)。私がこうなっても、あなたは守れる? 夫婦でそんな会話が生まれてもいいんじゃないかな。