古きよきスウェーデンに触れ

■『幸せなひとりぼっち』

 愛する妻に先立たれ、哀しみにくれる日々を送る老人・オーヴェ(ロルフ・ラスゴード)。墓参りのたびに失意を募らせていたある日、隣の家にパルヴァネ(バハー・パール)一家が引っ越してくる。車のバック駐車、病院への送迎、娘たちの子守り……困惑するオーヴェのことなどお構いなしに、次々と問題を持ち込むうっとうしい隣人とはケンカばかりの毎日を送っていたが、それはいつしか日課となり、かけがえのない友情となる。そして、オーヴェの凍てついていた心は少しずつ溶きほぐされ、愛する妻との思い出を語り始めたのだった――。

『幸せなひとりぼっち』(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.
【写真】LiLiCoさん厳選、「オトナ映画」8作品のジャケ写

2015年/116分/スウェーデン/Blu-ray、 DVD(セル&レンタル)、デジタル配信にてリリース中
監督:ハンネス・ホルム 出演:ロルフ・ラスゴードほか 
(C)Tre Vanner Produktion AB. All rights reserved.

【LiLiCoさん推薦コメント】
 既婚、独身にかかわらず、誰しもひとりになるときがきますよね。そのときに、どう生きるかというのを問う作品。原作は日本でも知られているベストセラー小説ですが、ハンネス・ホルム監督がインタビューで「これは僕自身の話」と言っていたとおり、彼のフィルターを通して丁寧に描きあげた、優しさに満ちた物語です。昔のスウェーデンの生活スタイルがとてもわかりやすく描かれているので、北欧好きの人にもおすすめです。

熟年女性のビタミン映画

■『また、あなたとブッククラブで』

 40年連れ添った夫を亡くしたダイアン(ダイアン・キートン)。複数の男性たちとの関係を楽しんでいるビビアン(ジェーン・フォンダ)。離婚のトラウマに苦しんでいるシャロン(キャンディス・バーゲン)。熟年夫婦の危機に直面しているキャロル(メアリー・スティーンバージェン)。長年の友人である4人は、同じ本を読んで語り合う「ブッククラブ」が恒例の楽しみだった。そんなある日、官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読むことに。彼女たちはそのスキャンダラスな文面に感化され、気持ちも行動も大胆になっていく。

『また、あなたとブッククラブで』(C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

2018年/104分/アメリカ/デジタル配信にてリリース中
監督:ビル・ホルダーマン 出演:ダイアン・キートンほか 発売元・販売元:キノフィルムズ/木下グループ (C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

【LiLiCoさん推薦コメント】
 熟年女性4人組を、ダイアン・キートンなど、ハリウッドを代表する豪華女優たちが演じています。彼女たちは世間からしてみたら、恋愛も終わっているでしょうし、老後を考えるような世代。でも「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を読んでみんな大興奮するっていう、めちゃくちゃ面白い映画です。4人の女性たちのキラキラした姿に、「ヨシ、私も!」と思えますよ。ぜひワインと、美味しいつまみを用意してご覧あれ。

LiLiCo(りりこ)
1970年スウェーデン・ストックホルム生まれ。 TBS『王様のブランチ』の映画コーナーほか、多くの番組に出演。 アニメの声優やナレーション、女優などマルチに活躍する映画コメンテーター。バッグやジュエリーのデザイン、プロデュースも手がける。

(取材・文/當間優子)