凶悪事件も含め、200件以上の殺人事件などの“加害者家族”を支援してきたNPO法人World Open Heartの理事長・阿部恭子さん。2019年に起きた『野田市小4虐待死事件』で、加害者となった父親・栗原勇一郎の家族の支援を続けている。そして今、その父親に対して“好意”を持って近づいてくる女性たちがいるという。しかもその女性の一人は、『英国人女性殺害事件』(2007年)で逮捕された市橋達也の追っかけ“市橋ギャル”と同一人物。犯罪者との交流を求める人、事件を面白がる人……阿部さんがレポートする。

犯罪者に群がる人々

 犯罪報道の過熱は、実にさまざまな反応を引き起こす。重大事件の加害者となった家族の支援では、マスコミや嫌がらせへの対応に加え、事件を面白がる野次馬にも対応しなければならない。一時的にワイドショーの顔となった犯罪者に、好意を寄せる人々も出てくるのだ。アメリカでは「プリズングルーピー」と呼ばれ、いわゆる「犯罪者の追っかけ」である。

 「シリアルキラー(※1)」の語源になった米国の連続強姦殺人犯のテッド・バンディは、甘いマスクと雄弁な語り口で女性を魅了し、法廷には多くの女性ファンが詰めかけた伝説の凶悪犯である。

 日本では、2007年、英国籍のリンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害し、2年7か月にも及ぶ逃亡の末に逮捕された市橋達也受刑者や、婚活相手の男性3人を殺害し、2017年に死刑判決が確定した「平成の毒婦」こと、連続殺人犯の木嶋佳苗死刑囚にも、ファンクラブや追っかけの存在が報道されてきた。

 筆者の下にも、犯罪者の情報を求めるこうした人々からしばしば連絡が来る。

 2019年に千葉県野田市で起きた、栗原心愛ちゃん(当時小学4年生)が自宅で虐待死した事件。筆者は逮捕された父親・栗原勇一郎受刑者の家族の支援を続けているが、この『野田市小4虐待死事件』の傍聴に訪れ、栗原勇一郎受刑者に好意を抱き情報を集めている女性がいる。

 しかも、千葉県に住むその女性は、過去に市橋達也受刑者の追っかけをしていた人物でもある。

「背も高いし、礼儀正しくてかっこいいと思いました」

 と、まるでアイドルを語るような口調で話し、彼女と同じように情報を求めている女性が何人かいるのだという。

栗原心愛ちゃん

 筆者は公判すべてを傍聴したが、連日、法廷は地獄だった。あまりに惨たらしい虐待に、傍聴席では涙を拭い、休廷中には怒りを表す人々もいた。心愛さんへの虐待の動画が流れ、裁判員が泣き出し一時休廷になる一幕もあった。勇一郎受刑者の母親と妹も検察側の証人として出廷し、「心愛さんを返してほしい」と涙ながらに証言していた。あの法廷で加害者に対してそのような感情が湧くとは想像もできなかった。

 滅多に会えない人々との接触は、芸能人と会う感覚にも近いのだという。プリズングルーピーの中には、犯罪者との交流の様子を自身のブログやSNSで発信したり、マスコミに情報提供している人々もいる。犯罪者との繋がりをアピールすることで、注目を集める目的もあるようだ。いずれにしても、プリズングルーピーといった無責任な人々が、更生の支え手になりえるとは思えない。