世界的チェーンの創始者、年商5億の経営者、作家、写真家、演歌歌手、お笑い芸人…… 人生100年時代ですから、何歳から新しいことを始めてもいいんです!そんな、60歳を過ぎてから新しいことを始めた人たちを紹介します。

 週刊女性読者世代は「この年で……」と年齢を言い訳に新しい世界に飛び込むことを恐れてしまいがちなお年ごろ。けれど、いまは人生100年時代。60歳なんてまだまだ若い!きんさんぎんさんも芸能界ブレイクは100歳、いくつになっても挑戦する気持ちを持ち続けたいもの。今回はそんな60歳を越えて新しいことを始めて“すごいことになった”人たちを紹介しよう。

起業はいつでも遅くない!

KFCの前のカーネル•サンダース

 ケンタッキー・フライド・チキン(以下、KFC)でおなじみのカーネル・サンダース(1890-1980)がKFCをフランチャイズ化したのは、62歳のときのこと。自身の経営するカフェで提供していたオリジナルチキンを、カフェの売却を余儀なくされてから本格的にフランチャイズ化することにしたという。

「私の辞書には“諦める”という文字はありませんでした。(次に何をしようか……)私にとって頭を悩ます問題はそれだけだったのです」(『世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝』より)

 毎月の年金だけを頼りに、車に圧力鍋を積んでフランチャイズパートナーを探したが、最初は芳(かんば)しくなかったという。出会う人にチキンを食べさせ売り込み、国内、国外とも徐々に浸透していったが、フランチャイズ契約をしたところには必ず自ら赴き、チキンの揚げ方を指南していた。年齢を経ても挑戦をやめず、地道な努力を続けてきたことが、世界的な大チェーンを作り上げたと言っていいだろう。

80歳で起業、年商5億円の女社長

和田京子さん

 日本の起業家も負けてはいない。79歳で宅建士を取得、80歳で不動産会社を起業した和田京子さん(87)は、77歳のときに夫との死別をきっかけに宅建の勉強を始めた。

 日本国籍であれば年齢制限もない宅建の資格をとるために半年間の勉強をし、見事女性最高齢宅建合格者として表彰もされたという。資格を活(い)かすために職を探すも、履歴書を書いたところでふと「職歴に『主婦55年』としか書けないのであれば起業するしかない」と起業を決意。

「年中無休24時間営業」と「仲介手数料無料」と業界の慣習にとらわれない2つのサービスを掲げ、5年目には年商5億円を達成。現在会社は2代目の娘さんに継がれているが、現役当時はヴィヴィアン・ウエストウッドの服につけまつげ、ボブカットヘア……という年齢を感じさせないポップないでたちの名物社長であった。