『24時間テレビ』で欽ちゃんと再会

現在はフリーで活動。'06年のトリノオリンピックではスノーボードのコーチも務めるなどマルチに活動する
【写真】「コント55号」時代の若き日の萩本欽一、坂上二郎と決めポーズ

 番組卒業後は萩本との不仲説なども出たが、今でも気にかけてくれるという。

「最後にお会いしたのは3年前の『24時間テレビ』の武道館。楽屋に挨拶に行くと、“なんで来たの?”といったふうに口悪く対応するんですが、裏切るように番組を卒業した僕のことを今でも気にかけてくれて、いろいろ声をかけてくれるんです。大将のようなおじいちゃんになるのが夢だし、元気なうちにまた一緒にお仕事したいですね

 最後に「人生において、かけがえのない番組だった」と感謝する。

「1年半しか出ていなかったと思えないほど、僕の人生において、あまりにも番組の印象が強くて。『欽ドン』がなければ今の僕はいないし、本当に大切な番組です。そう思えるようになったのは、実は最近なんですけどね」

長江健次 '64年7月17日生まれ。大阪府出身。'81年『欽ドン!』で本格デビュー。今年8月にはイモ欽トリオデビュー40周年を記念して、自身のYouTubeチャンネル『IMOKEN-TV R40』でヒット曲メドレーを公開