角界を揺るがすわいせつ事件が発覚した──。

 11歳の女児に裸の写真を送らせたとして、元力士の三浦公大(ひろき)容疑者(20)が今月7日に逮捕された。逮捕容疑は強制わいせつと児童ポルノ禁止法違反だ。

16歳の女子高校生を装い女児に近づいた

「容疑者は今年3月、16歳の女子高校生を装い、アバター作成アプリで出会った11歳の少女にLINEで“裸の画像や動画を交換しよう”と要求。本人は容疑を認めています」(全国紙社会部記者)

 このアプリでは自分の容姿をアニメキャラクターのようなアバター(分身)に置き換えてやりとりすることができる。容疑者は女子高校生のアバターに扮して少女に近づいていたというわけだ。

「巧みに少女に近づいた容疑者はその後、LINEを交換。そして“いろんなポーズをとってみて”などと言って裸の写真を送らせたのです」(同・全国紙記者)

 少女にはLINEでのやりとりを削除させていた。しかし娘の異変に両親が気づいたことから事件が発覚した。

 角界では、ほかにもSNSを用いた犯罪行為があった。

「9月3日、元幕内の貴源治(たかげんじ)が大麻所持の容疑で書類送検されました。SNSを通じて売人から購入していたようで、本人は8月30日に相撲協会から懲戒解雇となっています」(同・全国紙記者)

 不祥事を未然に防ぐため相撲協会は力士に個人のSNS使用を認めていないが、それでも事件を防げていないのが現状のようだ。

犯行当時、容疑者は春場所の最中

 今回逮捕された三浦容疑者は、大相撲で『魁舞翔(かいぶしょう)』のしこ名で力士をしていた。浅香山部屋に所属し、最高位は序二段四十四枚目だった。

「京都府舞鶴市出身の元魁舞翔は、中学卒業後に大相撲の世界に入りました。相撲はまったくの未経験からのスタートでした」(スポーツ紙記者)

 シングルマザーの母親に育てられた容疑者は幼いころからやんちゃな性格だった。息子の未知なる才能を感じていた母親のすすめもあり、相撲界に身を投じることに……。

入門当時、中学生だった三浦公大容疑者(相撲協会ホームページ)

 2015年に相撲部屋入りし、『魁皇』のしこ名でかつて大関まで上り詰めた親方のもとで、日々稽古に励んでいた。

172センチ110キロと小柄でしたが、得意の『引き落とし』で勝利を重ねていました。引退直前の春場所でも勝ち越していたのですが……」(同・スポーツ紙記者)

 そんな矢先の逮捕劇だった。

「犯行当時、容疑者はまさに春場所の最中でした。その後、8月に“一身上の都合”で引退しましたが今回の事件が理由なのかは不明です。引退時には相撲部屋で盛大にお別れ会を開いてもらったようです」(同・スポーツ紙記者)