「最近は自宅に帰っていないようですね。もしかして、一家で“夜逃げ”でもしたのかな……」

 お騒がせ都議の近隣住民は語る──。

仕事をしていないのに議員報酬は受け取っている

 7月2日に無免許運転で人身事故を起こしていた元・『都民ファーストの会』の木下ふみこ都議会議員(54)。

 当選後に事件が明るみになり、所属政党は除籍に。事件発覚後は豊島区にある自宅に籠城を続け、未だに一度も公の場に姿を現していない。7月に『週刊女性』が自宅を直撃した際も、“居留守”を貫いていた……。

 しかし“動き”があったのは、28日。都議会で2度目の辞職勧告決議が可決され、その後、自身のホームページを更新して「議員辞職をしない」考えを示した。

「2017年に初当選の木下都議は小池百合子・東京知事の側近でした。また、選挙のときは河村たかし名古屋市長が応援演説に来ていました」(全国紙政治部記者)

河村たかし名古屋市長に応援演説にきてもらったとき(木下都議のツイッター)

 その仕事ぶりはというと、

「所属する政党内では“武闘派”として有名。審議中に自民党議員ともみ合いになり、背中から押し倒している場面がテレビで放映され、話題になったこともあります」(前出・政治部記者)

 9月17日には自動車運転処罰法違反と道路交通法違反の疑いで書類送検。過去に5~6回にわたり無免許運転をしていた疑いがもたれている。

 当初は「7月2日から運転できると思っていた」などと言い訳をしていたが、実際には6月の選挙期間中にも運転をしていたことも判明。現在は容疑を大筋で認めている。

 一方で議会は「体調不良」を理由にずっと欠席をし続けているが……。

「何も仕事をしていませんが、議員報酬(毎月約132万円)などは全額受け取っています。その他、議員歳費なども含めると、当選後からすでに300万円近くを受け取っています」(以下・政治部記者)