がん、高血圧、認知症。それぞれの名医が「一切、食べない」と断言する「命を縮める食材」。私たちが毎日口にしている、アレもコレもヤバイらしい。ついつい好きなものを選んでしまいがちだが、食事は命に直結するもの。循環器病の専門医・渡辺尚彦先生が警鐘する危険なメニューとは?

◆     ◆     ◆

 30年間24時間、自分の血圧を測り続けている渡辺尚彦先生。高血圧を中心とした循環器病の専門医として“ミスター血圧”の異名をとる。

「血圧にとってよくないのは、かたくて塩辛い食べ物です。例えば、塩せんべい。これは塩分もですが、咀嚼するときの交感神経への刺激もよくない。みるみる血圧を上げます」(渡辺先生、以下同)

かき氷で血圧急上昇!?

 もちろん、味の濃いおかずもよろしくない。また、冷えた飲み物も末梢血管を収縮させるので血圧を上げる。

食道は心臓の後ろ側と接していますから、冷たい飲み物が食道を通るとき、血管がきゅーっとなる。私の上司は冷えたビールを飲んだ瞬間、狭心症の発作を起こしました。

 塩辛をつまみに冷えたビールなんて組み合わせは最高ですが、血圧的には最悪ですから避けましょう。ちなみに私は夏にかき氷を食べただけで、上の血圧が120から140に変化したことがあります」

塩辛いもの、冷たい飲み物、固いもの。全て血圧にとって良くないものだ ※画像はイメージです

 急激な温度差によるヒートショックは、外気だけでなく身体の中に入る飲食物にしても同様なのだ!

「朝食をとることも大事です。朝食べないと、強い空腹ストレスが交感神経を刺激して、一気に血圧を上げます」