世の中には「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」だけでなく、「ヤバい男=ヤバ男(ヤバダン)」も存在する。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、芸能人や有名人の言動を鋭くぶった斬るライターの仁科友里さんが、さまざまなタイプの「ヤバ男」を分析していきます。

第18回 東出昌大

 法律違反とまではいかなくても、常識や倫理から外れた行動を取ると「あの人はヤバい」と言われがちです。ま、人間なんてだいたいヤバいものでしょうし、芸能人の場合、そのヤバさが仕事につながることもありますから、ヤバさはチャンスと前向きにとらえていただきたい。しかし、ごく一部ではありますが、芸能人であれ一般人であれ、他人の人生を侵食するタイプのヤバさを持っている人もいます。今回はそんな「最強のヤバ男」について考えてみたいと思います。

渡部建との違い

 記憶に残るヤバい人と言えば、アンジャッシュ・渡部建を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。昨年6月に『週刊文春』に“多目的トイレ不倫”を報じられ、現在は芸能活動自粛中。これまでに何度か復帰説が持ち上がっていますが、実現するまでには至っていません。

 妻で女優の佐々木希ら家族に迷惑をかけ、これまでの芸能人人生を棒に振ってしまった、その上、復帰の目途も立っていない。自業自得とは言え、こんな渡部を芸能界「最強のヤバ男」と見る人もいるかもしれません。確かにヤバいとは思いますが、私に言わせると、渡部のようなタイプは「避けられるヤバ男」だと思うのです。

 渡部が女性と会うのは、多目的トイレというお金のかからない、かつ非衛生的な場所でした。渡部は佐々木希との交際や結婚を隠していたわけでもありません。これらの行動から推測するのなら、渡部は相手の女性とは遊びのつもりだったと見ることができるでしょう。渡部のしたことは決してほめられたことではありませんし、個人的には気持ち悪いと思います。しかし、渡部は堂々と行動で「遊びですよ」と示しているわけですから、この関係をどうするかは相手の女性の判断にかかっています。女性をだましたり、おどしたりもしていない渡部は、ある意味親切と言えるかもしれません。

'21年7月上旬、保育園から息子と帰宅する渡部建

 ちなみに日ごろの渡部は、他人にお金を使わないタイプではなさそうです。渡部は、2020年放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、人気の飲食店に行くときは手土産を持っていくことを明かしていました。渡部の場合、グルメは仕事のひとつでもありましたから、大事にしたい人には人一倍気を使う一方、人に見られたらマズい関係の女性には1円もかけたくないという超合理的な思考の持ち主なのでしょう。

 一般人の世界でもこういう人はちょいちょいいて、こういうヤバ男は見分けるのは難しくないと思います。職場で力のある上司にしか反応しない人、同じ部の人が何か困っていても自分には関係ないとばかりに無視する人、若い、もしくはかわいい女子社員としか話さない人は渡部タイプだと言えるでしょう。

 しかし、他人の人生を侵食する「最強のヤバ男」というのは、すぐに見分けられないところに怖さがあるように思います。

 渡部以外で近年稀に見るヤバさを発揮したと言えば、俳優・東出昌大が思い浮かびます。女優・杏と結婚してお子さんにも恵まれ、イクメンのイメージで売っていた東出でしたが、実は家事も育児も妻まかせ。しかも杏の第3子妊娠中から共演した女優・唐田えりかと不倫をしていたことを『週刊文春』に報じられました。東出だけでなく、SNSで頻繁に匂わせをしていた唐田も激しいバッシングにさらされます。

 人気俳優と駆け出しの女優の不倫は珍しい話ではありませんが、この不倫劇はちょっとイレギュラーな部分もありました。