<選挙の道具などと、彼女にとって酷い中傷の表現はやめてください>

<使い捨てという表現は彼女にも失礼です。使い捨てならお世話しません>

 衆議院議員選挙の宮城2区で当選した、立憲民主党の鎌田さゆり氏。今、そんな鎌田氏の “ヤギ”を巡る言動が波紋を呼んでいる。

当選→里親へ→炎上→やっぱり自分で飼う

 鎌田氏が“彼女”と呼ぶのはヤギの「仙台メリー」のこと。選挙期間中、鎌田氏はメリーを引き連れ選挙活動を行ったり、一緒に散歩する様子をたびたびSNSにアップしていたが、当選後に一転。11月3日の夜に更新したツイッターで「最後まで責任を持って寄り添い育てることは困難」として、里親に育ててもらうことを報告したのだ。

 当選した途端にヤギを手放すという判断に、SNSでは「政治利用では」との声が殺到。厳しい意見が相次いだ。

鎌田さゆり氏とメリー(ツイッターより)

「鎌田さんのSNSに初めてヤギのメリーが登場したのは10月上旬。メリーは“草刈りのお手伝い”として、畜産農家からやってきたそうです。

 その後、SNSには鎌田さんがメリーを連れて選挙活動を行う姿が何度もアップされました。“草刈り助っ人”のはずが、なぜ、選挙活動に駆り出されたのか……疑問に思う人も多かったようです」(地方新聞の政治記者)

  “政治利用”や“ヤギをポイ捨て”の声に、鎌田氏は猛反論。<愛情注いで飼育してくださる里親さんの元生きる方がベターと判断したから><現実の様々なパターンを想定し先々を見通し備えておくのは悪いことでしょうか>(ともにツイッターより一部抜粋)とリプライなどで持論を展開した。冒頭の言葉も、その反論の一部だ。

 これまで動物好きをアピールし、動物愛護について、積極的に働きかけてきた鎌田氏。9月には女優であり、動物環境・福祉協会Eva代表の杉本彩と意見交換も行なっていた。

「だからこそ、今回の自分の行為が“政治利用”と言われることに納得いかなかったのかもしれませんね」(前出・地方新聞の政治記者)

 そんな物議を呼んだ“里親に育ててもらう”ツイートだったが、わずか16時間後に新たな展開を迎える。鎌田氏はメリーを里親に出すのをとりやめ、「一緒に暮らしていくこととなりました」と考えを一変させたのだ。

 これが批判を受けての結果なのかは不明だが、「炎上したから飼うの?」「問題点はそこじゃない」など、さらなる波紋を呼ぶことに。鎌田氏は見通しが甘かったと反省の弁をつぶやいたが、この一連の騒動は今もおさまっていない。