芸能人の美容整形公表や、整形体験を発信するYouTuberも珍しくなくなった昨今。大掛かりな手術だけでなく、ヒアルロン酸注入などの「プチ整形」も人気で、すっかり市民権を得た様子だ。実際には、どのような理由で、どんな箇所を、いくらかけて整形している人が多いのか? そこで今回はYahoo!ニュースの協力で、整形したことがある人1183人を対象にアンケートを実施(2021年7月29日〜8月5日)。さらに大手美容整形クリニックの医師にも話を聞き、令和・コロナ下での整形のリアルを浮き彫りにする。

コロナ下で国内の整形需要が増加

 新型コロナウイルスの蔓延で、2020年2月ごろから海外への渡航が制限されるようになった。マスクで顔が隠れる日々も続いている。
 
「実数がすごく増えたというわけではないのですが、この機会にやっちゃおうという人は明らかに増えましたね。最初はマスクで隠れる鼻や口元の施術が人気でしたが、そのあとはマスクのせいで逆に目立つからでしょうか、目元が増えました」

 と話すのは『共立美容外科・歯科』で副総括院長と渋谷院院長を兼任する磯野智崇医師。近年、価格の安さもあって韓国で美容整形をする人が多かったが、国内需要が高まったという。

 アンケートで「コロナ下であることが整形する理由の一つになりましたか?」と聞くと、「はい」は13.5%、「いいえ」は21.1%と、そこまで影響は見られず。2019年以前に整形したという人が65.3%に上った。

コロナ下であることが整形する理由になりましたか? ※Yahoo!ニュースの協力で、整形したことがある人1183人を対象にアンケートを実施(2021年7月29日〜8月5日)

二重整形がぶっちぎりの人気

 整形した箇所を聞くと、1位は「二重まぶた・目元」(56.2%)で半数以上を占めた。

 二重まぶたにした人が圧倒的に多く、理由としては「目つきが悪いと言われ続けていた」「いつも眠そうな目元で学生のころから悩んでいた」「営業の仕事がやりたいが目つきが悪く印象がよくなかったため」など、切実な回答が並ぶ。

 学生時代からコンプレックスがあり、社会人になってから二重にする人が多い中、磯野医師によれば、若年化も進んでいるという。

「15年くらい前と比べると、最近は中高生が目に見えて増えました。今はアイプチで二重を作る子が多いのですが、毎日やっていると皮膚がかぶれたり、真っ赤になってしまう子もいるんです。親御さんも見かねて、埋没法で二重にするケースが多いですね」

 埋没法はまぶたを糸で縫いとめる手術で、糸を取れば元に戻すこともできる。7〜8歳から受けることが可能で、費用は人によるが大体3万〜10万円程度と手頃なため人気だという。

『高須クリニック東京院』の入谷英里医師も、「お母さんがお子さんに『二重はこのラインがいいんじゃない?』とアドバイスすることもあります」と話す。注意したい点としては、「埋没法は痛みがほとんどなく、腫れも少ないので手軽ですが、体質や癖などによってはまれに元に戻ることがあります。また、皮膚や脂肪が厚い場合は施術しにくいので、医師とよく相談してください」と話す。

 また、「今は韓国アイドルのような顔になりたいという方が多く、末広の自然な二重が人気です。目の見開きをよくしたいと、若くても眼瞼下垂の手術(本来は加齢などで垂れ下がったまぶたを上げる手術)をする人も増えていますね。ただ、目元は老化で崩れてきやすい場所なので、眼瞼下垂や垂れ目形成などの手術後は、人によって修正が必要になることも。アフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶといいでしょう」(入谷医師)