顔の整形を公表する芸能人やYouTuberも増え、悩みやコンプレックスを解消する手段として美容整形が身近になってきた。そこで週刊女性PRIMEとYahoo!ニュースでは、美容整形に関するアンケートを実施。うち2人の女性に手術を受けた理由を聞くと、リスクを負っても整形をする理由や、顔に対するそれぞれの思いが見えてきた──。

 今回の調査は7月29日から8月5日にかけて実施し、対象はYahoo! JAPANユーザー1183人。男女比は4対6、年代は20代が15%、30代が26%、40代が35%、50代が16%と、30〜40代の回答が半数以上を占めた。

「整形してよかったと思いますか?」という質問に「はい」と答えたのが89.2%、「いいえ」は10.8%と満足度が高い人が多いことがわかった。また、「周囲に整形をカミングアウトしていますか?」という問いに「はい」は42.8%、「いいえ」は57.2%という結果に。整形が認められつつある反面、「言う必要がない」「まだまだ偏見があるから」などのコメントも多く、やはり隠しておきたいという人も多いようだ。

周囲に整形をカミングアウトしていますか? ※Yahoo!ニュースの協力で、整形したことがある人1183人を対象にアンケートを実施(2021年7月29日〜8月5日)

とにかくメイクの面倒をなくしたい

 1人目は東京都在住の会社員・菜々子さん(仮名・42歳)。タレントの壇蜜似の和風美人で、黒髪ロングがよく似合うおしとやかな雰囲気だ。肌にはハリと透明感があって若々しく、こまめにケアをしている美容感度の高い女性という第一印象だが、明らかに整形したという感じは受けない。

 菜々子さんは、埋没法で二重にしたのが最初の整形だったという。大学4年生のとき、就職が決まったあと自分の貯金で整形し、親にも友達にも内緒にした。

もともとは奥二重で、よく言えばつぶらな瞳だったんです。地味めの顔なので、メイク時はなるべく派手に見えるように厚化粧して。高校生のころから毎日、アイプチで二重にするのが面倒臭くて。とにかくメイクの面倒をなくしたいと思ったのがきっかけですね。

 あとは、うちは親がすごく厳しくて。中高生くらいのころって色気づいて髪を巻いたり眉毛を切ったりしたい時期ですけど、それが絶対許されない家でした。そんなことしてる暇があったら英単語の 1つでも覚えろって。整形したのはその反動もあったのかな。自分の力で、お金が自由にできるようになったから、やりたいなって欲が出てしまったのかも

 しかし糸で二重を縫いとめる埋没法は、人によっては2〜3年経つと糸がゆるんだり、取れたりすることもある。菜々子さんも糸がゆるむことが何度もあり、28歳のとき、二重切開に踏み切った。ちょうど勤めていた会社をやめて転職活動中で、ダウンタイムを取れて好都合だったのだ。まぶたの脂肪をとって、二重の線を切って糸で縫うという少し大掛かりな手術となった。

 30代後半になってからは目の下のクマが気になるようになる。

「年齢とともに目の下の脂肪の膨らみに影ができて、疲れて見えるようになって。それで『ハムラ法』っていう目の下を切開して中の脂肪を別の場所に移動させる、クマ取りの手術をすることにしました」