それは“夢達成”を目前にして起きた。

シリーズ開催直前にケガ

羽生結弦選手(26)が、11月12日から開催されるグランプリシリーズの第4戦『NHK杯』を欠場することが、日本スケート連盟から発表されたのです。原因は、練習中に転倒したことによる“右足関節靭帯損傷”です。

 羽生選手が出場予定だった枠には、山本草太選手が出場することになりました」(スポーツ紙記者)

 ケガの程度や復帰時期は明らかにされていないが……。

「11月26日から始まる、グランプリシリーズ第6戦の『ロシア杯』も出場が難しいとみられています。

 12月9日からの『グランプリファイナル』も、2試合の順位に応じて与えられるポイントの合計で上位となった6選手が出場できる大会なので、羽生選手の出場は絶望的な状況と言ってよいでしょう」(同・スポーツ紙記者)

 試合を1週間後に控えたタイミングでの発表に、ファンの間でも衝撃が走っている。

「11月1日にNHK BS1で放送された『NHK杯』の見どころを紹介する番組では、“4回転半をしっかり『NHK杯』で決めたいという気持ちがいちばん大きいです”と語っていました。

 前人未到の“夢”を叶える姿を見られると思っていたのですが……。それだけ、4回転半の練習が負担になっていたのでしょうか……」(羽生ファンの女性)

NHK杯を前にオンライン取材に応じる羽生結弦。4回転半を達成する強い思いを改めて語っていた

 周囲の心配をよそに、羽生は前向きなコメントを発表している。

《今回の怪我からも、また何かを得られるよう、考えて、できることに全力で取り組みます》

 冬季五輪シーズンの右足のケガ。きっと“4年前”のことが頭をよぎっただろう。

'18年の『平昌(ピョンチャン)五輪』が行われたシーズンにも、その直前に開催された、'17年11月の『NHK杯』を欠場しています。試合前の練習で4回転ルッツを試みた際に転倒してしまったのです。翌日に“右足関節外側靭帯損傷”という診断が明らかになりました。

 その後も、ケガの影響で試合の欠場が続き、『平昌五輪』の団体戦も欠場。男子シングルで復帰して、金メダルを獲得しました。当時、しばらく氷上での練習ができなかったそうです」(前出・スポーツ紙記者)