「“うぶ”な気持ちを忘れず、7人で手を取り合って歩んでいきたいです」

 11月12日、羽田空港で行われた会見で、なにわ男子のリーダーを務める大橋和也が力強く意気込みを語った。この日、関西ジャニーズJr.出身で、'18年に結成されたなにわ男子が華々しいデビューを飾った!

「メンバーは大橋さんのほか、藤原丈一郎さん、西畑大吾さん、高橋恭平さん、大西流星さん、長尾謙杜(けんと)さん、道枝駿佑さんの7人。デビュー前から多くのバラエティー番組に出演していました。デビュー曲『初心LOVE』は発売初日で50万枚を売り上げました」(スポーツ紙記者)

 バラエティー番組で活躍できるのにはこんな理由が。

関係者絶賛のなにわ男子

「デビュー前から関西のワイドショーやローカル番組に出演し、“お笑い”に関してみっちり鍛えられてきたので、バラエティーのノリはバッチリ。今年4月からテレビ朝日系のバラエティー番組『まだアプデしてないの?』が始まり、10〜20代の女性を中心に話題になっています」(テレビ局関係者、以下同)

 メンバー全員が整った容姿の“王子様”系ということで人気を集めているが、業界内では仕事に対する“ガムシャラさ”を評価する声が多い。

スタッフとの打ち合わせで、“こういうことをして、おもしろくしたい”と積極的に意見を出してくれます。また、アイドルなのにNGがほとんどなく、顔中クリームまみれになるのもいとわない。“爪痕を残したい”という思いが強いので、スタッフの期待値も高く、彼らを起用したがる番組が多いんです

『まだアプデ〜』では、人気お笑いコンビのニューヨークと共演しているが、彼らもなにわを絶賛している。

ニューヨークの嶋佐和也(左)と屋敷裕政(右)

「“ジャニーズにはなかなかいないタイプだよね”と褒めていますよ。以前、番組で大喜利をする企画があったのですが、そこで芸人顔負けの回答をして驚かされたそうです」

 関西から東京に羽ばたいた7人のチームワークは抜群だ。

「リーダーの大橋さんと最年長の藤原さんがしっかりしていて、年下のメンバーにもきちんと礼儀を教えているんです。テレビ局ではスタッフとすれ違うたびに大きな声で挨拶していますし、“関西ノリ”で現場をいつも明るくしてくれますよ」

 グループの“指導役”である藤原は、Jr.の後輩たちからも絶大な支持を集めている。

大阪の松竹座で行われた舞台で、顔色が悪いJr.の子に“大丈夫?”と声をかけたり、稽古で出遅れている子を熱心に指導していたそうです。仲間内で愚痴を言い合うような雰囲気になっても、“そういう話はやめようよ”とやんわりと注意する。彼を慕うJr.は多いです」(レコード会社関係者)

 しっかり者の藤原に対して、わが道を進むメンバーも。

「高橋さんは自他ともに認めるナルシストキャラであることをテレビで公言していますが、素顔の彼も発言どおり。

 最近は新型コロナウイルス対策のため、雑誌のインタビューでもアクリル板越しに話すことが多いのですが、高橋さんはアクリル板に映った自分の前髪を常にチェックしていますね(笑)」(同・レコード会社関係者)