大正から令和まで4つの時代を生きた瀬戸内寂聴さんが11月9日、心不全のため京都市内の病院で亡くなった。

愛した、書いた、祈った

 生前、墓碑に刻む言葉をこう決めていた寂聴さん。この言葉どおり、不倫や出家など波瀾万丈な人生の中、生涯で400冊以上の著書を執筆。愛に生き、多くの人に愛された99年間だった。

元気の秘訣は“牛肉を食べること”

東京女子大学在学中だった20歳のときに結婚。2年後に長女を出産するも、夫の教え子だった文学青年と不倫関係に。夫と子どもを捨て、京都へ駆け落ちをする……と、若いころから奔放な女性でした」(出版関係者)

 正式に離婚が成立すると小説家を目指し上京。'57年に新潮同人雑誌賞を受賞したことで作家デビューを飾る。

デビュー作『花芯』は肉体の悦びに目覚め、子宮の命ずるまま生きていくもようを描いていたため、“子宮作家”のレッテルを貼られることに。

 '16年には映画化されるなど近年評価が高まっていますが、当時は過激な描写が問題視されてしまい、5年間ほど文壇で“干された状態”になったと、のちに本人が明らかにしました」(同・出版関係者)

 自身の不倫をモチーフにした小説『夏の終り』で'63年に女流文学賞を受賞すると、人気作家の地位を確立。その後、小説家・井上光晴との不倫関係を断ち切るために、'73年に出家をする。

京都市嵯峨野に開いている寺院『曼陀羅山寂庵』では、定期的に写経や法話の会を開催。生の寂聴さんに会いたいと、全国からファンが訪れていた

出家後にも、元気の秘訣は“牛肉を食べること”と明言。赤ワインを飲むときの口直しがビールだと番組で披露したときはSNSで話題になりました。

 豪快に見えますが、実際に飲むのは赤ワイン1~2杯程度。お酒が好きというよりは、会食の場に参加するのがお好きという印象でしたね」(テレビ局関係者)

 肉と酒のほかに目がなかったのが“イケメン”だった

晩年も“男性と肉体関係を持てなくなって寂しい”と冗談交じりで語るなど、最後まで女性であることを忘れていませんでしたね。取材で会ったイケメンカメラマンを気に入り、一時は“専属カメラマン”にしていたほどです」(寂聴さんの知人)