『Weibo』に流出した菅田将暉と小松菜奈の“堂々デート”ツーショット
【写真】『Weibo』に流出した菅田将暉と小松菜奈の“堂々デート”ツーショット

 実際にこの写真は『FRIDAY』(9月17日号)に掲載されたのだが、記事には《本誌は撮影者に接触を図るも、すでにアカウントは削除されていた》との記述もあり、そこまで一般層に届くまで拡散されることはなかった。

 しかし、これと同時期に、菅田のファッションにもファンの心がざわつかせる“変化”がみられるようになったという。

「今年の9月ごろから右手の人差し指ではあるのですが、リングをはめるようになったんです。これまでプライベートで指輪をつけることは少なかったですから、ファンの間では話題になりましたね。菜奈ちゃんも指輪をつけているのですが、それが同じものかどうかは特定されていませんでした。でも、ツーショットが撮られたあとだったので、やはり疑いを持つ人も多かったですよ」(同・ファンの女性)

スタッフにストレスをぶつける場面も

 オープン交際をして、堂々としている──。そんな風に思えてくるが、実は菅田はここ数ヶ月間、ずっと“ピリついていた”のだという。

結婚に向けての話し合いは今年の夏ごろから始まっていたそうで、同棲ももちろん結婚生活を見据えての転居だったといいます。マンションも分譲であれば4億円ほどの物件だそうですよ。

 しかし、その自宅も早い段階で一部週刊誌に“特定”されてしまって、憤りを感じていたんだとか。所属事務所による送迎車が追跡されて自宅がバレてしまったのでは? ということで、スタッフにストレスをぶつける場面もあったそうです。しかし、ようやく無事に結婚にまで辿りつけたということで、少しは落ち着きも取り戻すのではないでしょうか。彼のほうはずっと“結婚を意識”した交際をしてきましたから」(芸能プロ幹部)

 これからは堂々と、指輪は薬指に──?