ゴールデンボンバーの歌広場淳に対する非難の嵐が吹き荒れている。

『週刊文春』(11月18日号)が報じたところによれば、昨年初めにお酒の席で知り合った20代女性と男女の関係を続けていたという。女性が妊娠したことがわかると、当初は「ずっとそばにいるよ」と話していたが、次第に、堕胎を迫るようになったそうだ。最終的に女性は中絶したのだが、歌広場との連絡が途絶えてしまった。記事について所属事務所は、「概ね事実」とその内容を認めている。

 歌広場は'16年に一般女性と入籍。'19年5月には第1子が、今年の8月には第2子が誕生していて、つまりは“妻子持ち”。女性とは不倫関係にあったことになる。

 ゴールデンボンバーといえば、2カ月前には、ボーカルの鬼龍院翔が、入籍発表直後、約10年に及んだ二股交際が『文春』に報じられ、話題になったばかりだった。メンバーの女性問題が相次いだことでグループ自体への風当たりも強くなっている。

鬼龍院の謝罪でとった“悪手”

 今回、歌広場は『文春』報道があったその日のうちに“活動自粛”を発表した。鬼龍院の一件とは違う措置がとられたが、

「鬼龍院さんのケースは結婚直前までの二股交際とあって、マネジメント側もそこまで大ごととは捉えていなかったため、すばやく『謝罪』という形式をとって穏便に事を済ませました。年末に行われる予定のライブも決行というかたちで進めてしましたしね。しかし、本当に叩かれてしまったのは“その後”でした」(音楽業界関係者)

 9月19日、『ニコニコ生放送』で月に1度レギュラー放送されている『月刊ゴールデンボンバー』に出演し、二股報道の件について謝罪。“最近は体を張ることも少なくなったため調子に乗った”として、「激辛わさび寿司」「生クリーム砲」といった身体を張った謝罪を実践、それを禊としようとした。

ゴールデンボンバー、左から喜屋武豊、歌広場淳、鬼龍院翔、樽美酒研二

 しかし、これが『茶化すならやらないほうがマシ』といった声が相次ぎ炎上騒ぎに。そのウラ事情について、音楽業界にも明るい芸能プロ関係者に聞いたところによると、

『謝罪』というかたちをとってこの内容を放送するのは、大手芸能プロならこんな選択はしませんよね。彼らが所属しているのは所謂、アーティスト系の事務所なので、鬼龍院さんの炎上を受けて、ようやく“これはマズい”と世間とのズレを認識するようになった。ゆえに、今回の歌広場さんは即謝罪・謹慎という対応をとったと聞きます。それでもギリギリまで“何とかならないか”と対処を考えていたそうですよ

 音楽とエンターテインメントを融合してきた彼らにとって、謝罪の場においても、人を楽しませることが一番の贖罪になると考えたのかもしれない。しかし、ファンとの間でのみ通じるノリやコミュニケーションは今の時代、SNSで拡散されてネット炎上するリスクが大きい。