「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第66回 飯島直子

 バツ1のタレント・スザンヌが2017年12月26日に放送された『明日は我がミーティングSP』(TBS系)に出演し、再婚についてこんな発言をしていたことがあります。「バツ2になるのが怖すぎて、結婚とか考えられないなって思う」「バツ2だったら、私に問題があるって思われない?」

 バツ1は珍しくないし、相手に問題があったで済まされる。けれど、バツ2になったら、そんな相手を選んでしまった自分にも原因がある、もしくは自分がヤバいから2回も離婚したと思われてしまうという意味でしょう。

 確かにバツ1の芸能人なら多数思い浮かびますが、バツ2となると少数派な気がします。しかし、たとえバツ2の芸能人でも、私はヤバいと思いません。強いていうなら、結婚が向いていないんだと思うだけです。女優・飯島直子が離婚を発表してバツ2となりましたが、彼女も結婚そのものが向いていないタイプなのではないでしょうか。

好きな男に尽くしすぎてしまう飯島直子

 飯島の最初の結婚相手は、TUBEの前田亘輝でした。人気者同士のカップルでしたが、結婚して間もないのに、前田が家に帰りたがらないというような不仲説が頻繁に出回るようになります。前田は太りやすいのに、飯島がイタリア料理ばかり作るから家に寄りつかないとか、前田が祇園遊びにハマっているなど、どちらかというと前田が結婚生活に背を向けたような記事が多かったと記憶しています。『アサ芸plus』(2017年8月30日配信)によると、離婚理由は前田の女グセの悪さと夜遊びグセのせいと報じています。人気絶頂の飯島直子を妻にしておきながら、浮気するってどういうことなんでしょう。

 結婚後は前田のために仕事をセーブしていたと言われる飯島ですが、離婚。次の恋の相手は13歳年下のホストで、かなりのお金を使ったと報道されています。その後に会社経営者の一般男性と再婚したわけですが、飯島はこの男性について2017年8月9日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、「最初は別の人とつきあっていたんです。その人がすごいワガママだったんです。けっこう尽くしちゃうタイプで、尽くしすぎちゃって自分が疲れちゃったんですね。そこにたまたまいたのが今の旦那さん」と明かしていました。『女性セブン』(2013年1月24日号)によると、飯島のお母さんが再婚相手を気に入って、結婚相手として推したとも報じられています。

 つまり、自分からいい! と思ったわけではなく、消去法もしくは理性的に選んだのが2度目の夫だったのかもしれませんが、その夫も1年以上、舞台女優と不倫をしていたことが『週刊女性』によって明らかになるのです。元夫よ、女優なら家にいるでしょうよ……。

2019年、飯島直子の元夫・A氏と不倫相手のB子さんの“路チュー”を捉えた

 そんなこんなで2度目の離婚をすることになった飯島ですが、結婚に向いていない人の特徴の1つとして「刺激を好む」ことが挙げられると思います。