「愛子さまは12月1日に20歳をお迎えになります。白いドレス姿でティアラを着けての成年行事は、学業優先という理由でお誕生日当日ではなく、5日に行われることになりました。

 驚いたのは成年に際して行われる記者会見の日取りです。これまでの皇族方は誕生日より前に会見を行うことが慣例でしたが、愛子さまは来年の1月初旬に行うことがほぼ決定したそうです。

 どうやら、お母さまである雅子さまの“ご意向”と、叔父にあたる秋篠宮さまの“ご発言”が会見の開催日時に影響しているようです」(侍従職関係者)

清子さんのティアラは私費で製作

 12月1日、愛子さまは夕方に御所で宮内庁長官や側近職員などから祝賀を受け、ご一家だけでお祝いの夕食を。5日は皇室の先祖がまつられている皇居内にある宮中三殿を参拝された後、女性皇族の中で最高位の勲章『宝冠大綬章』を天皇陛下から授与される。その午後は改めて、両陛下と上皇ご夫妻に挨拶されるというご予定だ。

 巷では、愛子さまが5日の成年行事で身につけられるティアラが新調されないということが話題になっている。

ティアラは新調せず、天皇陛下の妹で、愛子さまの叔母にあたる黒田清子さんのものをお借りすることになりました。新型コロナで経済活動に影響が及び、困難な生活を強いられている国民がいる中で、高価なティアラを製作することはふさわしくないと、両陛下と愛子さまが話し合われて決定したそうです。

 秋篠宮家の小室眞子さんは宝飾品メーカーである『和光』が製作し、2856万円。妹の佳子さまは、デザインにこだわられて製作する業者を一般公募されました。最終的に『ミキモト』に決定し、その製作費は2793万円。おふたりとも公費から支出して製作されたので、結婚された後は宮内庁が保管することになります」(宮内庁関係者)

黒田清子さんが成年になられた際に行われたお祝い行事('90年3月)

 黒田清子さんのティアラは、当時の天皇ご一家の私的経費である『内廷費』から費用を捻出されている。そのため、結婚して皇室から離れた後も黒田さんがティアラを所有していることから、愛子さまに引き継ぐことが可能になったのだ。

 一方、今回の成年行事のために新調されるものもある。