いしだ壱成(47)が3度目の離婚をしていた。その回数は父の石田純一超えらしい。2018年に舞台で共演した飯村貴子(23)と電撃婚、当初は公開キスを連発するなどかなりのラブラブぶりを披露し、YouTubeで娘と家族3人の石川県でのんびりと地方暮らしする様子を発信していたが……。

『女性セブン』のインタビューに答えた壱成は、離婚の理由について、「経済的な理由。食費も足りず、ずっとつらい状態にさせてしまっていた」としている。

 慰謝料はなし、月4万円の養育費、娘との面会は月に2回──。記者にそこまで話す必要あるのか、というほど父親ゆずりのサービス精神をみせていたが、ひとつ引っかかったことがある。それは生活費を工面するにあたり「パワーストーンの販売やインターネットのライブ配信で収入を得ていた時期もあったのですが……」と話していること。

 そう、パワーストーンなのだ。彼は今年に入ってからというもの、インスタグラムやツイッターを通じて『らばらば鉱石販売所』と名乗り、石の販売を始めている。

パワーストーン販売“70分”

いしだ壱成のインスタグラムにはパワーストーン販売の投稿が増えて……

《宇宙からきた鉱石、ぜひこの機会にお求めください 浄化、調整済み》(33000円)

《金運爆上げパワーストーンとして業界内に旋風を巻き起こした鉱石です》(41000円)

『セブン』の記事には、飯村貴子に「これ、取ってきたから書いて」と言われ、離婚届に判を押したのが12月7日とある。その3日前に彼は、インスタのライブ配信でパワーストーン販売を行なっていた。その様子はアーカイブとして今も残っている。

 時間にして70分。妻と子が寝静まったあと電気のついていない部屋で行われたライブ映像に、夫婦最後の時間をみたような気がした──。