ネットやSNSの普及により、有名人でなくとも誰でも“発信”ができる時代。それはユーチューバーやインフルエンサーのようにかつてはなかった有名人を生み出したが、同時に“何か”あった場合に、炎が燃え上がる環境も作り出した。

CMの内容に批判コメント

 “悪い”ことはしていないが、視聴者に“何か”を感じさせているCMがある。Googleが開発し、10月28日より販売がスタートしたスマートフォン『Google Pixel 6 Pro』のCMだ。

自分のSNSで批判するだけならわかりますが、GoogleのYouTube公式チャンネルにまで訪れて批判コメントを書いている人もおり、思うことがある人がなかなか多いということでしょうね」(広告代理店関係者)

『Google Pixel 6 Pro』のCMはどのようなものか。

「若い男女数人が山登りに。男性1人は白いタキシードのような服装です。山頂に着くと、女性が上着として着ていたアウトドアウェアを脱ぐ。するとその下の格好は白いドレスのような服で、頭には白く長いヴェール。

 つまり山頂まで友人を連れて“ウエディングフォト”を撮りに来たという設定。山頂の隆起した部分でふたりは向き合い、一緒に来た友人がヴェールとドレスの裾を上にフワッと上に放り投げ、それらが美しくたなびいている写真を撮るというストーリーですね」(前出・広告代理店関係者、以下同)

 “リア充”な若い男女たちの幸せな風景に思えるが、なぜ批判されているのか。

『Pixel 6 Pro』の目玉機能は“消しゴムマジック”です。CMでは、ヴェールとドレスを持ち、撮影に手伝ってくれた友人2人を、新婦役である女性が“消しゴムマジック”機能を使い、ワンタッチで写真から友人を消しています。

 写真に写るのは山頂にいる新郎新婦のみ。結果、この写真は他人の力を借りてはおらず、風に揺られて自然とヴェールとドレスがたなびいている“すごく良いウエディングフォト”になりました。消しゴムマジック機能を使うことで……というものです」

新機能「消しゴムマジック」『GooglePixel6Pro』のCM(GoogleJapan公式YouTubeチャンネルより))

 YouTubeのGoogle Japan公式チャンネルの同CMには以下のようなコメントが寄せられた。

《友人不要、ふたりだけの世界》

《YouTubeのGoogleスマホのCMで、山のてっぺんで写真撮って、友達を消して加工技術の高さをアピールするけど、あれが物凄く不愉快なの俺だけ?》

《せっかく協力したのに、消されるなんて、思い出からも消されそうで可哀そう》

《友達消して笑ってる花嫁がホラー。》

《自分のドレス姿を演出するため一緒に山登りまでしてくれる友達(?)をツールで消してケラケラ笑ってるのが全く共感できない。むしろ不愉快。》

《不要な同志は簡単消去》

「テレビやYouTubeで結構流れたCMだったので、CM内容が気にさわる人には“不快”だったかもしれません。あとは“リア充”感への嫉妬みたいなものもあるとは思いますが……(苦笑)」