2020年の紅白は観客なし、会場での取材も代表社のみに限られた。2021年は会場を渋谷のNHKホールが改修中のため、有楽町の東京国際フォーラムに変更して有観客に。大みそかの本番以外は、各マスコミも取材に入った。

この紅白をもって1期生の生田絵梨花が卒業する『乃木坂46』が登場したのは、リハーサル2日目の12月29日。

「囲み取材には、生田さん、遠藤さくらさん、齋藤飛鳥さん、山下美月さん、キャプテンの秋元真夏さんの5人が登壇しました」(NHK関係者)

 秋元がメンバーをリードする様子が印象的だった。

写真撮影でポーズを求められると、5人は顔を見合わせてポーズに迷った様子を見せていましたが、秋元さんが率先してガッツポーズをしていました。その撮影中、震度3の地震が起きるハプニングも。一瞬だけ5人は驚いていましたが、そのまま取材対応は続行しました」(同・NHK関係者)

紅白歌合戦に出演する乃木坂46。中央が生田絵梨花

初出場となるKAT-TUNは

 卒業する生田に向けて、それぞれからのメッセージが送られると、

“みんな、優しい……”と、うなずきながら聞いていた生田さんは涙ぐむ表情に。涙をこらえる様子に気づいた齋藤さんが、そっと頬に手を添えて、生田さんの腰に手を回していました。“同期の絆を見せて、最後もみんなでまとまって、これが乃木坂だというのが見せられたら”と秋元さんが意気込みを語っていました」(同・NHK関係者)

 同じく絆を見せたのは、デビュー15周年にして紅白初出場のKAT-TUN。

「初めての単独ライブを行ったのが国際フォーラムで、彼らにとっては特別な場所なんです。上田竜也さんは“楽屋があった場所を通って、懐かしかった”と語っていました」(スポーツ紙記者)

初となる紅白出場を果たしたKAT-TUN

 終始コンサートでのMCのような自由なかけ合いで報道陣を楽しませた3人。

「15年の間にあったメンバーの脱退についても“もともと15人いたんです”とボケる亀梨和也さんに中丸雄一さんがツッコむなど、息の合った様子を見せていました」(同・スポーツ紙記者)