プレーヤーとしては無理でしょうね。1シーズンで1点も取れないフォワード、あるいは出場試合数が少ない(ことは)責任問題じゃないですかね。雇っているほうのね

キングカズの価値と不利益

 “キング”がその王座から追われようとしている。いや、それは今に始まったことではなく、もっと以前からだったのかもしれない。

 “辛口”が評判のサッカー解説者・セルジオ越後は、自身のユーチューブチャンネルで冒頭のように語った。

ユーチューブでカズに苦言を呈した(セルジオ越後公式チャンネルより)

 プレーヤーとは、“キングカズ”こと三浦知良。真っ赤なタキシードに身を包み、Jリーグ初代MVPを受賞してから28年。その男の去就が今、揺れている。

リーグ通算139ゴールを誇るカズ選手ですが、54歳で迎えた昨季のリーグ戦出場はわずかに1試合。それも時間にして1分。最後に得点を決めたのは'17年までさかのぼります」(スポーツ紙記者)

 ここ数年は出場の機会は限られ、ベンチ入りすることも少なくなっていた。

「昨季終了後、'05年から長きにわたって所属している横浜FCからの移籍を初めて示唆しました」(同・スポーツ紙記者)

 カズ自身は移籍を考えたが、昨季の彼の所属チームである横浜FCは、引き続きの契約を打診。出場1分の選手が、なぜそれほどまでに求められているのか──。

「横浜FCの親会社は、『LEOC』という給食や企業の食堂などの運営を行う企業。そしてこのLEOCを傘下に持つのが『株式会社ONODERAホールディングス』。代表取締役会長は小野寺裕司氏。小野寺氏は横浜FCの運営会社の代表も兼務しています」(サッカーライター、以下同)

 この小野寺会長とカズの関係は長い。

小野寺会長のLEOCが初めてサッカー界に参入したのは'04年のこと。カズ選手がかつて在籍したヴェルディのユニフォームのスポンサーです。小野寺会長はカズ選手と同学年。

 かつてはサッカー少年で、日本代表やカズ選手をエースに据えて黄金時代を築いたヴェルディを見てきた。事業で成功した小野寺会長は、カズ選手が横浜FCに加入する直前の'05年6月に、第三者割当増資により横浜FCの筆頭株主となりました

 それから16年。LEOCは親会社であり、カズも所属し続けている。

カズ選手の獲得は小野寺会長の強い意向があってのものといわれています。そして“カズ効果”は移籍直後から表れた。

 カズ選手加入前、横浜FCの試合を取材に来る記者は2〜3人程度。カズ選手がベンチ入りすると、報道陣は50人を超えた。観客もそれまでの倍ほどの数が集まるようになったのです