2021年を振り返ると、ドラマ界ではNHK大河ドラマ『青天を衝け』や『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(TBS系)、映画界では『るろうに剣心 最終章 The Final』や『東京リベンジャーズ』などの作品が世間をにぎわせた。

 小栗旬や佐藤健といった2010年前後から第一線を走り続けるトップ俳優に加えて、2021年は20代の若手俳優も存在感を増した印象だ。

男性俳優の活躍度を調査

 そこで、39歳以下の男性俳優を対象に、今回は2021年に出演したドラマや映画の視聴率や興行収入が成功を収めたかを調査。その成功度合いをドラマと映画ごとにS・A・B・C・Dで評価し、総合の順位を導き出した。

 バラエティー番組や音楽活動などのデータは考慮せず、あくまでも“俳優”として活躍した人物はいったい誰なのか。さっそく見ていこう。

《評価方法》
・調査対象者
 2021年12月31日時点で39歳以下の男性俳優
・調査対象作品
 ドラマ/2021年1月1日から12月31日までに放送された作品。主演作があるか、主要キャストで出演しているか、関東地方での視聴率といった基準をもとに評価(ゲスト出演などは除く)。
 映画/2021年1月1日から12月31日までに公開された作品。主演作があるか、主要キャストで出演しているか、2021年内の興行収入といった基準をもとに評価。

【人気俳優通信簿】

1位 吉沢亮(27)ドラマ「S」映画「A」

2位 小栗旬(39)ドラマ「S」映画「B」
2位 菅田将暉(28)ドラマ「B」映画「S」
2位 北村匠海(24)ドラマ「B」映画「S」

5位 鈴木亮平(38)ドラマ「S」映画「C」
5位 田中圭(37)ドラマ「B」映画「A」
5位 山田裕貴(31)ドラマ「A」映画「B」

8位 綾野剛(39)ドラマ「A」映画「C」
8位 柳楽優弥(31)ドラマ「B」映画「B」
8位 成田凌(28)ドラマ「B」映画「B」
8位 岡田健史(22)ドラマ「B」映画「B」

12位 藤原竜也(39)ドラマ「B」映画「C」
12位 松山ケンイチ(36)ドラマ「B」映画「C」
12位 松坂桃李(33)ドラマ「C」映画「B」
12位 佐藤健(32)ドラマ「―」映画「S」
12位 林遣都(31)ドラマ「B」映画「C」
12位 坂口健太郎(30)ドラマ「B」映画「C」
12位 鈴木伸之(29)ドラマ「B」映画「C」
12位 磯村勇斗(29)ドラマ「C」映画「B」
12位 神木隆之介(28)ドラマ「D」映画「A」
12位 間宮祥太朗(28)ドラマ「B」映画「C」
12位 杉野遥亮(26)ドラマ「B」映画「C」
12位 松村北斗(26)ドラマ「B」映画「C」
12位 新田真剣佑(25)ドラマ「C」映画「B」
12位 中川大志(23)ドラマ「B」映画「C」
12位 眞栄田郷敦(21)ドラマ「B」映画「C」

ドラマも映画絶好調な吉沢亮が首位

 2021年に最も成果を上げた男性俳優は、現在27歳の吉沢亮だ。ドラマでは、NHK大河ドラマ『青天を衝け』にて「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一の生涯を熱演。2月の放送初回の平均世帯視聴率は20.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)を記録、また全41話の期間平均視聴率14.1%という数字を残している。

 一方、映画は主演作こそなかったものの、主要キャスト・マイキー役を演じた『東京リベンジャーズ』が興行収入42億円を突破する大ヒット。さらには、声優を務めた『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』も30億円越えを記録するなど、出演作品自体は少ないながら確実に結果を残した一年だった。

吉沢亮

 吉沢に次ぐ活躍を見せたのは、小栗旬(39)、菅田将暉(28)、北村匠海(24)の3人だ。小栗は、ドラマ『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)で主演。11月14日放送の第5話の平均世帯視聴率が16.9%、12月の最終話も16.6%を記録するなど高い数字をキープした。映画では主演作の公開はなかったが、ハリウッド進出作品の『ゴジラvsコング』が約19億円、助演を務めた『キャラクター』が約16億円を記録している。